MENU

2016/09/26

中庭のある家のメリット・デメリット・間取りのポイントとは?

中庭(パティオ)とは

「中庭(パティオ)」とは、一つの建築物の内部に設けられた、壁などで囲われている庭のことです。
コの字型、ロの字型が主流ですが、L字型の中庭もあります。

通風や採光の手段として使われることが多いですが、最近ではインテリア性の高さからも人気があり、新築住宅やリフォームで中庭のある家の需要が増えてきています。

また、都心部や市街地にある住宅において、プライバシーを保てるという観点から、都市住宅・コートハウスで支持を集めています。

中庭のメリット

家が明るくなる

中庭は、特に都市部の住宅に向いています。
太陽の日が中庭を伝って長く入るため、複数の部屋に光を取り入れることができます。

分譲地では、後から建った建物のせいで日が入らなくなることが多いため、採光のために中庭のある家にリフォームする家庭も増えています。

プライバシー性が高い庭になる

一般的な庭とは違い、建物の内部にある中庭は外からの目線が気になりません。
洗濯物や夏場の子供たちのプールも、家の外にいる人達から見えることがないため、安心です。

防犯面を気にせず通気できる

さらに道路に面した窓に比べて、防犯面を気にせず通気できるという点も、中庭のメリットと言えます。
就寝中でも、中庭側の窓ならセキュリティ面を気にすることなく開放できるでしょう。

家の中でもアウトドアやDIYが楽しめる

バーベキューやお茶、日曜大工、ガーデニングなど、家の中で趣味を楽しめるスペースが増えます。
ウッドデッキを敷いて第二のリビングとして活用したり、壁に囲まれた中庭をライトアップして光と影のコラボレーションを堪能しても素敵ですね。

中庭のある家に
\リフォームしたい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

中庭のデメリット

リフォーム費用・建築費用がかかる

一般的に、外壁や家の角が多いと、建築費が高くなる傾向があります。
必要になる建材(壁材など)が増加する上に、角を処理する手間もかかってしまうためです。
中庭を作りたいときには必ず複数社に見積もり依頼をし、費用や工事プランを比較してみるようにしましょう。

居住スペースが減る

中庭は都市部の住宅に向いているものの、居住空間が当然少なくなってしまうため、敷地が狭い家では不便になることもあります。

リフォームで中庭を設置したい場合、現在の部屋数が減少しても問題がないか、事前によく考慮しなくてはいけません。
また中庭ができることによって、家の中の移動に支障が出ないかどうかもイメージしておきましょう。

断熱性能が落ちやすい

中庭のデメリットとしては、窓ガラスの数が多くなるため断熱性能が落ちやすいという点が挙げられます。

ただし、エコ・節電効果がある断熱に対して世間の関心が高まっている今、新築でも断熱性を工夫して中庭をプランニングしているところが多いです。
リフォームで中庭を作る場合も、まずは施工会社と相談して、解決策をアドバイスしてもらうと良いでしょう。

熱・湿気が溜まりやすいので注意

寒さ対策よりも意識しておきたいのが、熱や湿気が滞留しないようにするということです。
設計や室外機の置き場によっては、中庭に熱や湿気がこもってしまうことがあります。

ことに四面で囲まれるタイプのロの字型の中庭は、知識や経験が乏しくデザインミスをしていたという失敗例が少なくありません。
家に中庭を設ける際には、換気対策に詳しい会社に設計・施工してもらうことが大切です。

中庭のある家にするときのポイント・注意点

生活動線を考慮した間取りにする

中庭のある家の間取りを決めるときには、生活動線、家事をするときの動きを考えることが肝心です。
部屋のレイアウトによっては、中庭を中心に家の中を一周するのが大変に思うかもしれません。

リビングからキッチンに料理を運ぶ通路や、寝室からトイレまでの移動距離などを、きちんと配慮しておきましょう。

排水場所を確保しておく

排水場所をキープしておかないと、ゲリラ豪雨など雨が集中的に降ったとき、中庭に水が溜まってしまう危険性があります。
とりわけ四方を囲むロの字型の中庭は、慎重に設計組みを行う必要があります。

中庭自体にはなるべく水はけの良い床材を使用し、家の外へ排水管を必ず設置しましょう。
なお、排水管が詰まらないようにこまめに掃除することも大切です。

窓の大きさにも配慮を

中庭に面する窓のサイズや配置も、施工プランを決定する際に重要になります。
窓の大きさや位置が適切でなければ、採光や通風条件を良好にすることはできません。

また、多くの窓を大きく取ろうとすると、構造的に耐震補強が必要になることもあるので注意しましょう。
なお補強の必要はなくても、大きい窓が多いと熱がガラスを伝って逃げていくため、断熱対策を行わないとエアコンを多用するようになってしまい、光熱費が高額になるケースもあります。

窓の大きさや数、取り付け位置などは、バランスを見ながら選ぶようにしてください。

中庭は設計者の腕次第

中庭のリフォームは、経験豊富な職人が工事を行わないと成功しません。
いざ住んでみたら光が全然入らない、熱や湿気の逃げ場がなくて全然中庭で過ごせない、というパターンは多いのです。
万一まったく日が入らない中庭になると、カビや蚊が発生・繁殖してしまい、生活環境悪化の原因になってしまいます。

まずは施工業者に、採光や通風、断熱や排水に関してじっくり質問をしてみましょう。
中庭の設計に慣れているリフォーム会社であれば、最適な内容を提案・実行してくれるはずです。

今回ご紹介したデメリットを読んでみると、中庭のある家のリスクは高いかも、と感じる方は多いかもしれませんね。
ですが、中庭の工事に精通しているスタッフなら、中庭にありがちな不具合を説明しながら、解決手段も導き出してくれるでしょう。
豊かな光と風を取り込む、おしゃれな中庭のある家を実現できたら良いですね。

中庭に詳しい
施工会社を探したい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

更新日:2016年9月26日

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE