MENU

2017/02/24

部屋と部屋をつなぐ!階段・廊下の壁紙の選び方

廊下・階段の壁紙を選ぶポイント

廊下や階段は、家の中では決して主役にはなりませんが、すべての部屋と部屋をつなぐ重要なポイントです。
家族が毎日必ず通る場所であり、来客の方にも見られてしまう場所の一つ。
そんな廊下や階段の壁紙を選ぶためには、誰もが安心できる色合いを意識しましょう。
また、人の行き来が多いため、とても汚れやすいということも念頭に置いてくださいね。

明るく開放的に見える色を選ぶ

階段や廊下は、間取りによっては窓がなく、暗くなりがちです。
そのため、淡いカラーの無地系の壁紙を合わせると、明るく開放感のある空間になります。
また、天井面に明るい色を選ぶと、天井が高く広く見えます。
廊下は、部屋と部屋とのカラーバランス、繋がりを考えて、ホワイトやベージュ系のベーシックな色でまとめると、統一感が出るのでベストです。

どうしても柄のある壁紙を取り入れたければ、階段の曲がり角部分など、一部にアクセントとして使ってみると良いでしょう。
柄が入る壁の面積が小さければ、落ち着きのあるスペースに仕上がります。

お手入れ簡単
\おしゃれな壁紙にするなら!/

まずは無料で
リフォーム会社に相談してみる

「汚れ防止」機能がお役立ち

壁紙を選ぶ際には、色だけでなく、素材や機能について知っておきましょう。
階段や廊下などは、手あか汚れなどが非常に付着しやすい場所です。
防汚機能や撥水機能がついている壁紙を選ぶと、衛生的である上、お手入れも楽になります。

「消臭」機能で生活臭をカバー

また、生活で出てくる臭いが気になったり、ペットがいるご家庭ではペットの臭いが気になったりすることが大いに予想されます。
臭いを防ぐ機能がある壁紙を活用すると、快適に過ごしやすくなり、日々のケアの面でも、より効果的です。

傷がつきにくい耐久性のある素材を

階段や廊下は、手をついたり、物をぶつけたりしやすい場所です。
そのため、キズや衝撃に強い、耐久性に優れた素材の壁紙を使うのが有効です。
小さなお子様やペットと一緒に暮らすご家庭には特におすすめします。

階段や廊下は、家の中で人目につきやすい重要な場所です。
壁紙も調べてみると、性能もデザインも色々な種類があります。
様々な機能を活用し、ご自宅にあったものを選びましょう。

お手入れ簡単
\おしゃれな壁紙にするなら!/

まずは無料で
リフォーム会社に相談してみる

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 家選び

【体験談】購入前の建売住宅をホームインスペクターに診...

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE