MENU

2017/02/24

ちょっとの工夫で抜群に使い勝手がよくなる!かさばる”鍋・フライパン収納”の極意とは?

ただ重ねてはだめ!

ご家庭の収納スペースこんな感じになってはいませんか。
一見すっきり見えて整理整頓されているように見えます。
ですが、このようにただ大きい順に重ねただけでは、何かと不便。
下の大きなフライパンを取り出すのが大変ですし、逆に戻すのも面倒です。
結果的に整理整頓されたきれいな状態を維持するのは困難になってしまいます。
これでは収納の意味がありませんが、どう収納すればいいのでしょうか?

ここからは、使いやすいフライパン・鍋の収納アイデアをご紹介します♪

スタンドを使って積み重ねる

まず一つ目は専用のスタンド等を使って縦に積み重ねる方法。
同じ縦に積み重ねるのでも、ただ重ねるのと仕切りのあるスタンドに重ねるのとでは使い勝手がまるで違います。
これなら取り出しやすさもしまいやすさも◎。
どこに何があるかも一目瞭然なので、作業効率アップも期待できます。

仕切りをして横に立てる

二つ目は仕切りを用いて横に立てる方法。縦に重ねる方法同様、取り出しやすさ、しまいやすさ、見つけやすさがポイントになっていますが、横型のもう一つの魅力は専用のスタンドなどでなくても仕切りを付けられることです。

100円ショップなどでも買える書類を整理するためのケースも活用できます。
また、持っている個数やサイズに合わせて増減もできるので無駄ないスペース作りに役立ちますね。

ぶら下げる

3つ目はフックなどを使いぶら下げる方法。
ぶら下げすぎは良くないですが、普段頻繁に使うものをいくつか吊るしておく程度であれば、使い勝手は一番いい方法です。
使わないスペースの有効活用にもなるので一石二鳥ですね。

扉を有効活用する

鍋やフライパンをしまうときに、悩ましいのがフタです。
そんなときにおすすめなのが、扉を活用する方法です!
デッドスペースになっている扉にフックをかけて、そこに鍋のフタをかけていけば、取り出しやすく、邪魔にならないのでとても便利です!

以上、フライパンや鍋の収納方法についてご紹介しました。
どの方法にも共通するのは、一つ一つの器具の場所をしっかりと作ってあげることのようです。
ぜひ参考にしてみてください。

工夫しても収納場所
足りない!という方は…/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE