MENU

2017/02/02

キッチン壁紙の選び方をおさえて “お掃除楽チン&おしゃれ” なキッチンに♪

こちらの記事もおすすめ♪
>> キッチンリフォームの費用相場

キッチン壁紙の選び方

キッチンの壁紙を選ぶ際には、機能面、そして落ち着いた空間になるよう色のバランスを考えることが大切です。
キッチンと隣接するリビング・ダイニングとのコーディネートや、柄のある壁紙を使いたいときなどの注意点についても、以下を参考にしてみてください。

油汚れや臭いに強い壁紙を選ぶ

キッチンの壁に付く汚れの大半は油によるものです。
細かい油のハネは意外と遠くまで飛んで壁に付着しており、放っておくと壁紙の変色やベタつきにつながります。
ここまでくると、簡単な拭き掃除ではなかなかきれいになりません。

また、汚れの他に気をつけたいのが臭いです。
壁に染み付いた臭いも、やはり拭き掃除で落とすことはできません。
特にダイニングやリビングとつながっているキッチンは、お客様のためにも臭いに注意したいですね。

壁紙の中には油汚れや臭いに強いタイプのものがあります。
表面に施された特殊な加工によって、汚れの拭き取りや消臭が可能になっているため、キッチンにぴったりの壁紙です。

耐火・耐熱効果があるか必ず確認を

紙素材のものは、おしゃれなデザインや質感のものが多いですが、コンロの側に貼りたい壁紙は、耐火性がないと危険です。
キッチンがガスコンロの家庭は特に注意が必要ですよね。

火を使う場所の近くに貼る壁紙は、耐火・耐熱効果がある製品かどうか、必ず確認しておきましょう。

カラーはシステムキッチンと合わせると◎

続いては、壁紙の色について考えてみましょう。
壁紙を選ぶ時に誰もが重視するのは、やはり色や柄。
どんな色を選ぶかによって、キッチンの印象は大きく変わりますよね。

色選びで迷ってしまうという方は、まずシステムキッチンとのバランスに注意してみましょう。
上手なカラーコーディネートのポイントは、同系色を選ぶという点にあります。

白いシステムキッチンをお使いの場合は、壁紙も白にすることで清潔感のある真っ白なキッチンに仕上がりますね。
また、ワークトップの色とコーディネートしたり、濃い色のキッチンに同系色の壁紙を合わせて、明るい空間に仕上げるのもおすすめです。

ダイニングと続いている場合は、温かく明るめの色で

キッチンとダイニングの間取りが一続きになっている場合は、そこが家族の団欒の場になります。
このようなご家庭では、色が心理的な部分に与える影響についても考慮してみましょう。

黄色・オレンジ・赤といった暖色系は、食欲を増進させる効果を持っています。
また、日光をイメージさせることから、人に楽しさや安らぎを与える色でもあるのです。
実は人が食事をしている時には、味覚よりも視覚が活発に働いていると言われています。

お手入れ簡単
\おしゃれな壁紙にするなら!/

まずは無料で
リフォーム会社に相談してみる

無地のデザインが一番

食器やキッチンツール、家電が多いキッチン。
柄入りの壁紙を貼ってみたら想像以上にゴチャゴチャした印象になってしまった、という失敗例があります。

家事というのは、空間がすっきりしていないと、作業がはかどらないものです。
お料理の見栄えにも影響が出てしまいますね。

壁紙のリフォームに慣れている方なら交換後のイメージをつかめると思いますが、初めて壁紙を替える方は、まずは無地のものを選択するのが最適です。

一部だけの張り替えなら、違うカラーを

キッチンの壁紙を、剥がれや汚れにより一部だけ交換したいときには、あえて周りと違う色にしてみるのが無難です。

同じカラーでまとめるのが良いように思うかもしれませんが、同色の壁紙は、貼り替えた壁紙と貼り替えなかった壁紙の色の差がわかりやすく出てしまうので、新しい壁だけ目立ってしまう傾向があるのです。

特に白い壁紙を使っていたなら、別の色味の淡いカラーの壁紙を貼り直せば、周りと合わせてクリーンな外観になりますね。

油などで汚れやすいキッチンの壁紙は、他の部屋に比べて交換したくなる頻度が高いもの。
一部の壁紙だけを交換するなら、思い切って今までと違う色を取り入れると、失敗のリスクが軽減します。

お手入れ簡単
\おしゃれな壁紙にするなら!/

まずは無料で
リフォーム会社に相談してみる

柄を使いたい場合はアクセント的に取り入れて

とはいえ、「この柄の壁紙をキッチンにぜひ使ってみたい」と思うこともありますよね。
花柄や木目調、レンガ調などのデザインの壁紙は、キッチンの雰囲気をガラッと変えてくれるのでファンの方も多いはず。

どうしても柄入りの壁紙を使いたければ、一部だけに使ってみると良いでしょう。
例えば、汚れはねが気になりがちな壁の一部分や、腰壁に合わせて下部のみに使用すれば、インパクトのある柄でも落ち着いたキッチン空間に仕上げることができます。

全面に貼るときに比べて、貼る範囲が狭い方が柄合わせのコーディネートも簡単です。
さらに狭いキッチンの一部に柄のある壁紙を取り入れると、奥行き感が増しますよ。

キッチンやダイニングの色を明るい色にすることで、家族の気持ちを和らげたり、食欲を増進させたりという効果が生まれます。

キッチン壁紙リフォームの費用相場

一般的に、壁紙クロスをリフォームする際の費用は、1㎡あたり800~1,400円位です。
量産品であれば1㎡1,000円以内、ハイグレードな壁紙であれば1,200円以上はかかると考えておきましょう。

また、この他に養生費や下地処理費、廃材処分費などで+20,000円前後必要になります。

例えば6帖(壁の面積=約40㎡)のキッチンの壁紙を、量産品のクロスを使って交換する場合には、合計で6万円位と見ておくと良いでしょう。
なお、セットプランですべての作業費込みで4万円位で施工してくれるリフォーム会社もあります。

ただし、キッチンの壁の下地の劣化修復作業や、壁まわりの設備の移動作業などが生じた場合には追加料金が発生するので注意しましょう。

毎日使う場所だからこそ、素材にもデザインにもこだわりたいキッチンの壁紙。
もちろん、今回ご紹介したポイントを全て押さえた物もあります。
使い勝手が良く居心地のいい空間にするために、ぴったりの壁紙を探してみませんか?

お手入れ簡単
\おしゃれな壁紙にするなら!/

まずは無料で
リフォーム会社に相談してみる

更新日:2017年2月2日

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

花瓶の花

手軽にできる花風水 花は運気アップの万能アイテム!

  • 編集部まとめ
オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 買う・借りる
ページトップへ戻る
CLOSE