MENU

2016/10/26

クッションフロアの特徴・費用相場

クッションフロアとは?

クッションフロアは、主に塩化ビニール樹脂を原料とする、柔らかい床材です。
ビニールの裏側にクッションが貼付されており、標準的なものは2mm程度、厚さがあるものなら4mm程度です。

施工性を良くするために、ほとんどのメーカーでは表面に人体に影響の無い、ガラス材が施されています。
表面にプリントされているものが多く、木目調やレンガ風などデザインのバリエーションも豊富。
手入れのしやすさや貼り替え時の手軽さで、飲食店を始めとした店舗や病院などの他、一般住宅にも人気の床材です。

クッションフロアのメリット

他の床材に比べてコストが抑えられる

フローリングなど他の床材と比較すると、安価で仕上がります。
たいていの商品は、1m以上から10cm単位で購入することが可能なので、部屋に合うサイズで敷きやすいのも特長です。
クッションフロアの張り替え費用については、記事の最後で詳しくご説明していますので参考にしてください。

耐水性があり、汚れも落としやすい

表面処理がビニール材質のため、水分を吸収しにくいのも良い点です。
汚れがついても、簡単にすぐ落とせるのも魅力です。

カラーバリエーションとデザインが豊富

タイル調のものや木目調、チェック柄や無地、地柄など、プリントならではのバリエーションが豊富です。
部屋のイメージを変えたい方には楽しめること間違いなしです。

リフォームに最適

クッションフロアは、張り替えや撤去作業が簡単なので、リフォームしやすい床材です。
将来フローリングなど他の床材に張り替え直す予定がある部屋で、一時的にクッションフロアにするのも手です。

工事費が安価なので、床を急いでリフォームしたいけど予算の都合がつかないという方は、とりあえずクッションフロアを導入されるパターンが多いです。
特に、成長に合わせてリフォームする可能性がある子供部屋では、最初はクッションフロアを選ぶ家庭が増えています。

このような場合は、別の床材に張り替える可能性がある旨を施工会社に相談しておくと良いでしょう。
親切なスタッフであれば、今後他の床材に安価でリフォームしやすいように、下地を処理してくれるかもしれません。

クッションフロア
\リフォームしたい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

クッションフロアのデメリット

家具や重い物を置いた場合に痕がつきやすい

ビニール製であること、クッション性があることは、家具や重い物を長く置いた場合、痕が残りやすいというデメリットも持ち合わせています。
気になる方は、家具との間に別の布を敷くなど対策をしましょう。

熱に弱い為、熱で変色や変形がしやすい

熱に弱いという点も、難燃材が増えている昨今にはマイナス点でもあります。
紫外線が、剥がれや劣化の原因にもなります。色移りしてしまうこともあります。
日当たりの良い部屋には、不向きといえるでしょう。
また、タバコや熱湯をこぼしてしまうと溶けてしまうので注意が必要です。

通気が悪く床下に湿気がこもりやすい

表面はビニール、下は接着剤や下地合板であるため、劣化により剥がれやすくなるばかりではなく、通気性が良くありません。
こまめに手入れをしないと、床下が湿気でカビになってしまうことも。

とはいえ、床の下地の工夫の仕方や、クッションフロアの特性を理解しているリフォーム会社であれば、カビの発生を抑制する対策を知っているはずです。
どのような床材でも、きちんと実績や知識がある業者・スタッフに依頼することが大切です。

クッションフロアの施工が
\得意な業者を探したい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

クッションフロアが向いている部屋

以上のような特徴から、クッションフロアが具体的にどのような部屋に適しているかご紹介します。
消臭機能や抗アレルゲン機能がついた製品もたくさんあるので、ライフスタイルに合わせて探してみてくださいね。

浴室・トイレなどの水まわり

ビニールが主原料のクッションフロア。
耐水性が高く、掃除が楽であるため、浴室やトイレなどといった水まわりに最適です。

ペットのいる部屋

硬質の床材ではペットは足腰を痛めやすいもの。
耐水性に加えて衝撃を吸収しやすいクッションフロアは、ペットのいる部屋にも向いています。
消臭機能付きの商品もあるので、便利なこと間違いなしです♪

小さなお子様の部屋

耐水性、汚れの落としやすさというメリットのほか、安価で交換もしやすいのも特徴の一つ。
傷に強いタイプや遮音機能が付いたクッションフロアを使えば、運動が大好きな年頃の子がいても快適に生活できるでしょう。
幼いお子様がいたずらをしたり、ちょっと飲み物をこぼしてしまったりということがあっても安心です。
ただしビニールという特性上、広範囲で濡れてしまうとすべりやすくなるので、くれぐれも気をつけてください。

クッションフロア
\リフォームしたい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

クッションフロアの張り替え費用

クッションフロアの張り替えにかかる費用は、1㎡あたり材料費+施工費を合わせて、2,200~4,500円位です。
なお、クッションフロアを交換する際、壁と床の接合部にある、剥がれ防止用の「ソフト巾木」も取り替えることが多く、この場合は+5,000~8,000円必要になります。

クッションフロアの本体価格によっても金額に差が出ますが、最終的には、10㎡(6畳位の部屋)程度の面積のクッションフロアを交換すると、総額で3~5万円前後になるのが一般的です。

ちなみに、クッションフロアの床に新しいクッションフロアを張り替える場合、基本的には既存のクッションフロアをヘラやカッターを使って剥がす作業が入るため、施工時間がかかります。
元々あるクッションフロアの上に重ね張りをする方法なら早くて工事費も安いですが、床の厚さが変わるため、ドアの開閉がしにくくなったり、二重になって床が柔らかくなることが気になったりするかもしれません。

また、新規でクッションフロアを導入する場合も、フローリングやタイルの上に置き敷きをするより、床材自体を張り替えるときの方が、同じ面積でも5,000円位は高くなります。

例えば、和室だった部屋をクッションフロアの床へ変更する場合には、畳だけではなく下地まで張り替えるので、最低でも100,000円以上はかかると考えておきましょう。

トイレの床がタイルの場合は便器本体も外す必要があるので、その分リフォーム費用がかさみます。
洗面所では洗濯機などを動かす場合、手間が2倍位になってやはり全体の施工費が高額になるケースがあります。

床・下地の状態によってはさらに補修作業も必要になってしまうため、トータル費用が高額になるので注意してください。

日々の手入れと、定期的な交換ができるなら、メリットが多いクッションフロア。
手軽な床のリフォームをしてみたい方は、一度ためしてみてはいかがでしょうか。

クッションフロア
\リフォームしたい!/

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

更新日:2016年10月26日

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE