MENU

2017/02/24

窓断熱で電気代節約&結露防止を!

窓から室内の空気が出て行く

窓は、建物を覆う建材の中でも、一番薄い部分です。
屋根や壁などに比べて、熱が出入りしやすいという事実も、なんとなく想像がつきますよね。


実際、建物の中で熱気や冷気が出入りするのは、屋根からは5%、換気扇や外壁からは15%、床からは7%程度なのですが、窓からはなんと60%近くもの空気が出入りしています。
外気の出入りのほとんどが窓からということがわかりますね。

また、室内に温度の高い部分と低い部分があると、高い温度は低い温度の方へ移動して、同じ温度になろうとする性質を持っています。
つまり、室内の暖かい空気は、冷たい窓の方へどんどん流れていってしまうわけです。
これらのようなことが、窓から暖気が逃げていく大きな原因になっています。

窓断熱=電気代が節約って?

寒いからついエアコンの温度を上げてしまう、または節約のために寒いのを我慢しているという人は多いはず。
このような悩みが窓の断熱不足からくるものだとすれば、窓の断熱効果を上げることで大きく改善されます。

窓の断熱対策がしっかりできていると、暖めた空気が外に逃げないので、エアコンの温度を過剰に上げたり、寒いのを我慢する必要もなくなります。
これまでは低いと感じていた温度設定でもしっかり暖まるようになるので、結果として電気代の節約につながるのです。

家が寒い
\お悩みの方は…/

完全無料!
窓断熱リフォームの相談をする

気になる結露が…

もう一つ、窓の断熱と大きく関わっている現象があります。それは「結露」です。
寒い季節に窓ガラスやサッシがびしょびしょになってしまい、サッシが傷んだり、カーテンが濡れてしまったりしますよね。
空気は目に見えない水蒸気を含んでおり、温度が高いほど、たくさんの水蒸気を含むことができるという性質を持っています。
逆に温度が下がると、含みきれなくなった水蒸気が水となって現れます。これが結露ができる仕組みです。
つまり、窓の表面に結露ができてしまうのは、それだけ室内との温度差が激しいということになるわけですね。

窓断熱で結露対策が出来る

室内が暖かいのに窓から冷気が入り込んでくると、窓周辺の温度差が激しくなり、当然ながら結露が起きやすい状態になります。
結露を放っておくと、窓辺に置いた物が濡れてしまったり、周辺の木材が腐ってきたりするなど、家にとっても悪いことばかり。
しっかりした対策が必要です。

窓を断熱効果の高い物に変えることは、結露を防ぐことにもつながります。
窓から暖かい空気が逃げたり、冷たい空気が入り込むのを防ぐので、温度差がなくなって結露が起きにくくなるのです。

窓断熱リフォームの方法

窓を断熱するにはいくつかの方法があります。
ここでは、その代表的なものをご紹介しましょう。

断熱ガラス(ペアガラス)に取り替えリフォーム

断熱用の窓ガラスとして利用されているのが、「ペアガラス」と呼ばれる複層型のガラスです。
ペアガラスは、2枚1組になったガラスのことで、間に中空層という細い隙間が存在しています。
外からの冷気はこの中空層に閉じ込められるため、断熱効果が高まる仕組みになっているのです。

二重窓(内窓)取り付けリフォーム

「二重窓」または「内窓」と呼ばれるリフォームも、断熱に大きな効果をもたらします。
これは既存の窓の内側に新たに窓を設置する方法で、施工が簡単に済むというメリットもあるものです。
二重窓は断熱効果や結露防止はもちろん、防音や防犯対策にも適しています。

樹脂サッシへの取り替えリフォーム

昨今、アルミサッシに変わって注目を集めている樹脂サッシ。
外国ではすでにサッシの標準素材として多用されており、日本でも特に北海道で普及率が上昇しています。
(※日本で最も多く普及しているアルミサッシは、断熱性の低さから、実は外国ではあまり一般的ではありません。)

樹脂サッシは気密性が良いため、高い断熱効果も持っている建材です。
一枚でも十分な効果が得られますが、二重窓として利用するとさらに強力な断熱対策ができますね。

窓をリフォームするだけで、家全体の断熱効果が上がる仕組みがよく分かりましたね。
どのような方法を選ぶかは、予算や都合によって様々です。ご自宅に合った断熱対策を考えてみましょう。

家が寒い
\お悩みの方は…/

完全無料!
窓断熱リフォームの相談をする

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE