MENU

2017/02/24

汚れに強い!クッションフロアのお手入れ方法

クッションフロアとは?

クッションフロアとは、ビニール製のシート状の床材で必要な長さに合わせてカットして使用するものです。
裏打ちの不織布やビニールとの間には発泡剤が挟まれているのでクッション性があります。

キッチンや洗面所といった水まわりの床には、以前はリノリウムを使用していました。
しかし、利便性が高く、デザイン性に優れたクッションフロアが、今では様々な家庭で取り入られるようになりました。

お手入れ方法

クッションフロアの日常のお手入れは、基本的には掃除機で大きめのゴミやホコリを掃除し、次にしっかり絞った雑巾で水拭きします。
水拭き掃除ができない時は、不織布シートを挟むタイプのフロアモップなどを使います。
日々、軽く掃き清めておくことで汚れがたまらず、大掛かりなお掃除の回数を減らすことができます。

快適で過ごしやすい
床・フローリングにしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

汚れがひどい場合は?

それでも、例えばスリッパとの摩擦などで、静電気による汚れが付いてしまうこともあると思いますが、そんな場合は中性洗剤を使ってお掃除しましょう。
中性洗剤の原液はシミの原因にもなりますので、水で薄めてから雑巾をしっかり絞って拭きます。
クッションフロアは表面が凹凸のあるものが多いので、これだけでは取れない汚れもあります。
スポンジやブラシで軽く擦ると、汚れが浮いて取れやすいでしょう。
洗剤を使ったお掃除のあとは、必ず水拭きをして仕上げてください。
また、使用する洗剤は中性洗剤以外は使用しないでください。
クッションフロアの色ムラなどの原因となります。

ワックスがけは必要?

クッションフロアにワックスがけは必ずしも必要ではありませんが、ワックスで床面がコーティングされることで、汚れや傷をから守ってくれる効果を期待できます。
ワックスがけする時は、シミや変質を防ぐため、薬剤は直に床に撒かずに、布に染み込ませたもので塗って行きます。
また滑りやすくなるので、油性や水性のものは要注意です。
パッケージを読んで、床材との相性を考慮しましょう。

ゴム汚染に注意

クッションフロア特有の汚れに「ゴム汚染」があります。
ゴム汚染とは、クッションフロアの素材のビニールが、椅子の脚や家具の転倒防止のゴムパーツと化学変化を起こして、汚れができることです。
ゴム汚染による汚れは落とすことができないので、目立つ場所ではこの組み合わせを避けるか、あるいはクッションフロアとゴムの間に布や紙など、何か別の素材を挟み込んで対策するのが良いです。

クッションフロア張替えのタイミング

キッチンなどの水まわりに使われるクッションフロアは、毎日かなり激しい摩擦に晒されています。
こまめにお掃除をしていても、およその耐用年数は10年ほどです。
汚れが気になってしまうだけではなく、剥がれてくると下地に水が浸みてカビの原因にもなります。
剥がれが目立ったり、クッション性が落ちたりなどのサインが出てきたら、交換リフォームする時期といえるでしょう。

カラーやデザインのバリエーションが豊富なクッションフロアは、気軽に模様替えができて、インテリアとしても役立つアイテムです。
お手入れは基本的なことばかりで簡単なので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。
ただし、接着剤で施工するので、剥がした跡をつけたくない部分には使わないようにしてくださいね。

快適で過ごしやすい
床・フローリングにしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE