MENU

2017/02/24

【必見!】よくあるトイレリフォームの失敗

失敗例1 床材にすぐにシミや汚れがついた

清潔感があって良いイメージの多い、無垢材や複合フローリング。
部屋や廊下の床材に合わせ、トイレの床も木材でリフォームしたところ、1年も経たないうちに、床の表面に黒いシミができ始め、汚らしい雰囲気になってしまった、というケースがあります。

無垢材やフローリングなどの木材は水に弱く、アンモニアや強力なトイレ用洗剤が付くと、腐食したり変色したりしてしまいます。
まめに掃除をしたり、トイレマットを敷いても、あっという間に黒い染みができてしまうことが少なくありません。
トイレの床に木材を使用するのは、避けた方が無難です。
クッションフロアなど、耐水性の優れているものにしましょう。

失敗例2 大型便器への交換でトイレが狭くなった

最近のトイレは、以前のものに比べて少し便座が大きいタイプが主流です。コンパクトな面積のトイレに長い便器を設置すれば、当然のように便器の前のフチから壁までの距離が短くなります。
この距離が短すぎると身動きが取れず、どうしても便器のまわりを汚しやすくなります。
掃除をしようにも、狭くて床を拭きにくい、奥のほうに手が届かないなど、手入れがしづらくなってしまうという難点も。
奥様が座ってみてちょうどよくても、旦那さんは狭く感じるということもあるので注意です。
トイレのリフォームの際はある程度、余裕を持ったスペースで計画を立てる必要があります。

失敗例3 窓の大きさや位置が気になる

明るくしようと窓を大きくしたり、手の届きやすいところで開閉できるようにしたりと、低い位置に窓をつけると、外からの視線が気になるようになったという例があります。
トイレは狭いスペースなので、大きな窓でなくても十分な採光ができます。
トイレの窓は、小さくても上部に設置し、素材は曇りガラスやすりガラスにするなど、外から見えないようになっているか、チェックをすることが大切です。

失敗例4 ドアを内開きにしたら、スリッパがひっかかる

トイレの扉を内開きにしたら、スリッパが置けなくなってしまったという話があります。
また、内開きは人が内部で万一倒れた時、扉が開けられなくなるという問題点もあり、特に介護者がいる家庭には不向きです。
廊下のスペースに余裕があるようでしたら、トイレのドアは外開きの方が無難です。
スペースがない場合は引き戸にすると、廊下もトイレ内も、余裕のある空間になって便利です。

トイレは狭い空間であるからこそ、リフォーム時には色々なことに気を配らないといけません。
失敗例を参考に、快適なトイレ空間をご自宅で実現させてくださいね。

使いやすくて
\快適なトイレにしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

花瓶の花

手軽にできる花風水 花は運気アップの万能アイテム!

  • 編集部まとめ
オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 買う・借りる
ページトップへ戻る
CLOSE