MENU

2017/02/24

省スペースを有効活用!収納上手は、キッチンの扉裏も賢く使う

扉裏収納のメリット

扉裏に収納する最大のメリットは、よく使う雑多な物を見せずに収納できる点です。
細かいものも工夫次第でたくさん収納でき、扉をひらいてすぐ手前に収納があるため、取り出しやすいという利点があります。
そのため、買い置きなどした時に、奥にしまって忘れてしまうという心配がありません。

扉裏収納のデメリット

扉裏に収納する時に必ず気をつけなければいけないのは、取り出しづらい場所に設置すると、かえって片付けが面倒になり、散らかる原因になってしまうこと。
また、シンクの下は湿気がたまりやすいので、湿気の影響を受けやすいものをしまう際には注意が必要です。
また、キッチン上などの吊戸棚の裏は、重量のあるものを収納すると、地震の際に落下して危険です。高い位置に収納する場合は、軽い物をしまうように心がけましょう。

扉裏収納アイデア実例

それではさっそく、上手な扉裏収納の例を参考にしてみましょう。
扉の位置や大きさをしっかり把握し、ポイントによってはプチプラのアイテムを設置して、キッチンを使いやすくなるように工夫されています。

扉裏専用ハンガーで、吊るす収納

扉用のフック式ハンガーを使って、アルミホイルやラップ、ジップロックなどをコンパクトに。
カップを下げると、ポリ袋やクロスなど、小さめのものを収納できます。
また、よく使う調味料は扉の裏に収納すると、取り出しやすく、油でベタベタになる心配がありません。
未使用のスポンジや、洗剤、除菌スプレーを置いても◎。

100円ショップのメッシュパネル

100円ショップで購入できるメッシュパネルとフックを使えば、簡単に収納できます。
サイズに違いがあって、なかなかスッキリと片付かない鍋蓋も、ドア裏収納なら出しっぱなしを防げて、取り出す時も便利。
計量スプーンなどの収納したいグッズの大きさに合わせて、プラスチックケースなどを引っかけても便利です。

安全重視なら包丁スタンドを

刃先が危険な包丁は、なるべく見えないところに片付けたいもの。シンク下の扉裏専用の包丁スタンドは、優秀なアイデア商品。
メッシュパネルに、スリムなホルダーを取り付ければ、バラつきやすい菜箸もきちんと収納。

フックなら配置調整が簡単に

互い違いになるフックを付ければ、キッチンツールも楽しく収納。汚れから守りたい調理用品は、扉の中にしまえる方が嬉しいですね。
鍋蓋は、シール付タイプのフックでも収納可能。好きなサイズに合わせて取り付けられるので楽チンです。

幅のあるカゴを取り付けて

扉をしめた時の扉裏の余りスペースに合わせて、カゴを設置。
物を入れすぎると重さで落ちてしまうので、軽量の物を収納しましょう。

タオルハンガーも使える

扉裏の収納で案外人気のアイテムが、タオルハンガー。
フックとの合わせ技で、置き場所に困っていたまな板も扉裏に。

いかがでしたか?扉裏を使った収納は、工夫次第でこまごまとしたものをしまえる上、使い勝手がよくなり、とても便利です。
また、そんなに大がかりな作業、道具を使わなくても収納場所を増やす事ができるのもポイントですね。
いつも出しっぱなしになっているものがないかチェックして、扉裏に収納し、すっきりしたキッチンを目指しましょう。

もっとキッチン
使いやすくするには?/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE