MENU

2017/01/27

キッチンは何色にする?選び方8ポイント&色別コーディネート事例まとめ

>> 厳格な審査を通過したリフォーム会社に無料相談!

>>【今なら無料】失敗しないリフォームのポイント資料ダウンロードはこちらから

キッチン色選びの8ポイント

家族のための食事を作るキッチンは、毎日使う主要な場所。
どうせなら日々楽しくなれる色にしたいですよね。
明るい色、落ち着いた色、個性的な色‥‥たくさんあって、どのようなカラーにしたら良いか迷ってしまうと思います。
そんなキッチンの色を選ぶためのポイントと、おしゃれなキッチンカラーの実例をご紹介します。

周囲の色と調和するカラーにする

キッチンの色を考えるとき、まずは既存の床や壁、そしてカーテンや周りのテーブル・椅子などとのカラーコーディネートをイメージすることが大切です。
キッチンの色とインテリアとの色合いがチグハグになると、家具を買い直したくなってしまうかもしれません。

何より、簡単には交換できない床や壁と調和するかどうかも重要ですね。
なるべく同系色で、床がダークカラーなら明るい色味のキッチンを、淡い色のフローリングなら深みのある色のキッチンにすると、メリハリのある空間になります。

キッチンが空間全体に占める割合も考える

キッチンのある場所が、広いか狭いかも一緒に考えておきましょう。
例えばキッチンやリビングが狭い場合、濃い色のキッチンだと圧迫感が出るため、せっかくリフォームしたのに落ち着かない空間になってしまいます。

逆に広々とした家の中にキッチンがあるなら、アクセント的な色を使ってみると楽しいですね。
もちろん、他の部屋やインテリアと統一感が出る色でまとめても◎。

今の家に最適な色
キッチンにしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

色味だけではなく素材・模様にもこだわりを

キッチンは特に、扉の質感によって色の雰囲気が変わるものです。
木目調のものなどは、模様にもかなり変化がありますよね。
同じ色でも素材によってはポップになったり、エレガントになったりと、全く違うイメージになります。
キッチンの扉のカラーを選ぶ際には、どのような雰囲気にしたいかもしっかり想像してから素材も選択しましょう。

また、ワークトップにも色々な材質があります。
人造大理石・ステンレス、セラミックなどの素材の組み合わせで、やはり重厚感も変わります。
ワークトップとの相性や全体のバランスを考えた上で、見栄えの良い組み合わせをチョイスしましょう。

できればサンプルを取り寄せる

キッチンに限らずですが、リフォームを行うとき、カタログやインターネットで見た物と実物の色とでは差が出ます。
可能であれば、気になった機種の材質のサンプルを取り寄せましょう。

ただしサンプルは小さいため、実際のサイズだと明暗の感じ方が異なるので注意してください。
明るい色は面積が広くなるほど、さらに明るく鮮やかに見え、暗い色は面積が広くなるほど暗くくすんで見える傾向があります。

今の家に最適な色
キッチンにしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

照明や日当たり具合に注意

また、キッチンの色を决定するときには照明や日当たりも考慮しておきましょう。
基本的に、自宅とショールームとでは見え方が違います。

住宅設備を決めるとき、ショールームで実物を見るのは大事なことです。
ただし、高さや使い勝手を知るためにショールームに行くのはとても良いことですが、色に関しては別です。
ショールームに展示されている機器には、一番その色が良く見える照明やコーディネートを工夫されています。
つまり、ご自宅の蛍光灯・LED照明や家具・床・壁などとは合わない可能性が高いです。

ご家庭の照明で、採用したいキッチンのカラーはきれいに映りそうでしょうか。
また、キッチン周りの日当たりはどのような具合でしょう?
採光状態が良くない場合、濃い色のキッチンは暗く見えてしまい、自然光や照明が明るすぎると、光沢感のある材質や真っ白い色のキッチンでは眩しくなってしまうかもしれませんね。

キッチンの風水を参考にしても◎

実はキッチンは、風水で金運をつかさどるスポットだということをご存じでしょうか。
「火」と「水」と真逆のタイプの気が共存するキッチンは、風水のバランスがとても繊細なんです。
方角ごとにラッキーカラーが異なるので、キッチンをリフォームしたいときには、参考までに選択肢に入れても良いかもしれませんね!

今の家に最適な色
キッチンにしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

雰囲気別のオススメカラー系統

キッチン空間をどのような雰囲気に仕上げたいかという点に注目して、メインの色を決めてみるのも良いでしょう。

シンプルで飽きないデザインにしたければ、白がおすすめです。
見た目がすっきりして、何より周りとのカラーコーディネートの失敗がありません。
ただし、日焼けや汚れが目立ちやすいので、こまめな手入れや日当たり具合に配慮してくださいね。

ちょっとだけ色味が欲しいときには、パステルカラーのピンクや黄色、オレンジを選んでみましょう。
淡い色なら可愛らしい印象になり、周囲の色との組み合わるのも比較的簡単です。
寒色が好きな方は、水色やイエローグリーンでもgood!

なお、壁や床が明るい色であれば、黒や深みのある青など濃色のキッチンで重厚感を出す方法もあります。
逆にフローリングなどが濃いカラーの場合には、キッチン本体も濃色にしてしまうと重苦しい空間になってしまうので避けましょう。
ちなみに濃い色のキッチンは、水ハネ汚れや油汚れが気になりやすいので、日々のお掃除がより大切になります。

コーディネートに自信があり、個性的なキッチンにしたい方はツートンカラーに挑戦してみてはいかがでしょうか。
上部のみに濃い色を採用すればアクセントになります。
また、下部がはっきりした色でも、上部の色が天井と同系色であれば、全体が広く見えますよ。

また、ナチュラルで落ち着いたイメージにしたい方には、木目調のキッチンが好評です。
汚れが見えにくく、リラックス効果も期待できます。

なお同じカラーでも、鏡面仕上げか、艶消し(マット)仕上げかによっても、雰囲気がかなり変わります。
高級感を出すなら鏡面仕上げが適していますが、価格が高額で、指紋がつきやすいというデメリットがあります。
艶消し(マット)仕上げは汚れが付着しやすいですが、光沢がないためフラットな印象にしたい方には最適でしょう。

今の家に最適な色
キッチンにしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

おしゃれなキッチン8カラー実例

キッチンの色選びの目安を考えるためには、おしゃれなコーデイネート実例を見るのが一番でしょう。
多様なカラーバリエーションを、この機会に比較してみてくださいね。

白いキッチン

白いキッチンは定番中の定番です。こちらのように雪のような白と温かみのある木目は、北欧インテリアの基本です。
簡単に北欧風を演出できるので、ぜひ真似してみてください♪

真っ白だけど、冷たい印象にならないキッチン。
ポイントは磨りガラスによるレトロ感。引き出しのアンティークなデザインやアイアンの取っ手が穏やかなイメージにしてくれています。

赤いキッチン

赤は、インテリアとしては強い色。適度に違う色を取り入れて、バランスをとりましょう。
白いワークトップと組み合わせたキッチンなら、ポップで明るい空気が生まれます。
また、テーブル、チェアや電化製品などを赤にしてみても、楽しげな雰囲気に♪

キャビネットやフロアを赤くするのは、ちょっと勇気がいりそうですね。
キッチンツールや食器に赤いものを集めて、ディスプレイしてはいかがでしょうか。

ピンクのキッチン

女性はやっぱり、ピンクが好き!キッチンに立つだけでウキウキしてしまいそう♪
濃い目のピンクはなかなか大胆な色ですが、ナチュラル目のピンクなら、白と合わせて、上品かつ清楚な雰囲気に仕上がります。

今の家に最適な色
キッチンにしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

黄色のキッチン

黄色の魅力は、陽気でハッピーなパワーを与えてくれること。でも、鮮やかすぎると目がチカチカしてしまうので、気をつけましょう。
暖色系のカラーは食事をおいしく見せる効果もあるので、おすすめです。

ポイントカラーに黄色を取り入れても◎。
明るい黄色なら、少しの面積でもパッと華やかな空間になります。

オレンジのキッチン

個性的なキッチンにするなら、オレンジはどうですか?
実はオレンジは、食欲を増進させる効果のある色なのだとか♪
落ち着きのあるガーベラオレンジも、暖かい雰囲気になるオススメカラーです。

キッチンそのものではなく、カウンターのチェアやお花をオレンジにしても良いですね。
アクセントとして取り入れやすいアイテムの一つです。

今の家に最適な色
キッチンにしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

黒いキッチン

黒は、大人のモダンカラー。個性を出したい人におすすめです。
おしゃれであるだけでなく、焦げ付き等の汚れが目立たないというメリットも。

無機質なイメージを和らげるなら、雑貨を並べてみませんか?
どんな色とも合わせられるのも、黒ベースの長所ですよね。こちらのように、ワークトップを異素材・違う色にするのもおすすめです。

格好良く仕上げたいなら、オレンジの壁と組み合わせて、真新しい感じのキッチンにしてみても。
立体的かつスタイシッリュにまとまります。
キッチンが主役になるこのコーディネートの場合には、キッチン・ダイニングの床や天井、置く家具などをシンプルにしましょう。

今の家に最適な色
キッチンにしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

青いキッチン

ライトブルーが涼しげですね。
清潔感があって爽やかなので、システムキッチンにもよくある人気のカラーです。
ブルーのキッチンには、天井や床は白やグレーが合います。
小物も、木目よりはステンレスやアイアンなど金属系を選ぶとまとまりやすいでしょう。

ビビットブルーも素敵。
家電に多いシルバーとも相性が良いので、鮮やかでも意外と難しくありません。

シックなキッチンを目指すなら、ネイビーで決めて。
程良いきちんと感が、大人っぽくて好印象。

今の家に最適な色
キッチンにしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

緑のキッチン

野菜を連想させるグリーンのキッチンなら、作った料理がより、おいしくなりそう!
落ち着いたイメージのディープグリーンや、爽やかな色のパールグリーンなら、長く使っても飽きがこないでしょう。

木目のキッチン

淡い木目調のキッチンなら、温かみがあってカントリー風のスタイルにできますよ。
好みのペンダントライトを飾るとよりオシャレに。

木目柄のキッチンは、フローリングの色と合わせることを意識しましょう。
濃い色の木目の場合は、周囲の色を白で統一するようにすると、重くならず大人っぽい印象に仕上げられます。

さまざまなカラーのキッチンがありますね。お好みの色は見つかったでしょうか?
同じ色でも、色の鮮やかさや濃淡によって違う表情になります。
インテリアシートを貼ってみたり、小物の色をそろえたりして、試してみるのもいいですね。
ぜひ、参考にしてみてください!

今の家に最適な色
キッチンにしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

更新日:2017年1月27日

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE