MENU

2017/01/17

【保存版】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!!

作業スペースが少ない

L型のシステムキッチンにリフォームすると、収納できる部分が増え、90度に動くだけで作業できるようになりますよね。
ところが、実はコーナー部分がデッドスペースになりやすいのです。

大きなシンクをつけ、コンロを3口にリフォームしてみたら、下ごしらえをしたり、料理を盛り付けたりするための調理スペースがなくなってしまった、という話があります。

なお、L型のキッチンに関わらず、シンクのサイズやコンロの数が増大すると、調理スペースが確保しづらくなってしまいます。
調理用の作業スペースは、最低でも幅45cmはつくるようにしましょう。

使いにくいパントリー(食品庫)

リフォーム後の満足度が高いものの代表格が、大容量の収納を確保できるキッチンパントリー(食品庫)です。
常温保存できる食材や、キッチン小物を収納できる食品庫です。
料理が好きな方は、ついついたくさん入る食品庫を作りたくなると思います。

が、奥行きが深すぎるとかえって使いにくくなってしまい、奥にしまいこんでしまった食材の賞味期限がどんどん切れてしまった、という悲しい例も。

適度な奥行きや広さなら、大活躍するパントリーですが、収納したものを一目で見渡せる設計にするか、どうしても奥まで使いたければ、引出しをつけたり、出し入れしやすい網カゴなどで小分けしたりして、整理するようにしてください。

キッチンリフォームのこと
\もっと詳しく知りたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

床下収納が意外と不便だった

ちょっとでも収納スペースを増やしたい、と思うと憧れるのが床下収納ですが、出し入れする度にかがまなくてはならず、通路幅が狭いキッチンではなおのこと作業が億劫になってしまいます。

キッチン周りの収納で「設置しなくても良かった」という失敗が多いのは、実は床下収納も同様です。
最終的に、キッチンマットの下敷きになってしまって使わなくなったという意見も。

床下収納は、引き出しや戸棚ほどの利便性はありません。
頻繁に出し入れするアイテムをしまう場所としては不向きです。

保存食や滅多に使わない調理用品を入れる分には、床下収納は便利かもしれませんが、開閉しないあまり、保管していたことを忘れないよう注意しましょう。

油料理の際にすべる床材

これは見落としがちな人が多いポイントですが、キッチンで使用する床材によっては、油料理をした際につるつるとすべって危険なものもあります。

キッチンの床材をタイルにすると、自然の風合いをいかした色調になり、掃除もしやすく、汚れ自体も目立ちにくい、という良さがあります。

しかし、油料理をする際、床が滑りやすくなってしまい、危険な一面も。
滑り止め付のキッチンマットを敷かないと、対処できません。
キッチンマットを敷くのが好きではない方は、凹凸があって滑りにくい、かつ掃除をしやすい床材を選択しましょう。

少しだけの移動で費用が割高に

キッチンをもうちょっとだけ移動させたら、それだけで生活動線が快適になるはず。そんな想像をしたことがある方もいると思います。
せっかくの素敵なアイデアだと思ってリフォーム依頼をしたのに、いざ予算を聞いたら予想外の金額に!

残念なことにキッチンの移動というのは、水まわりの工事が必要になるため、作業工程が複雑になり、コストがかかってしまうのです。
大きな移動でも短距離の移動でも、さほど費用に差がないというケースもあります。

生活スタイルに大きく関わるキッチンの位置。
気になる方は正式依頼をする前に、業者の方としっかり相談することが大切です。

キッチンリフォームのこと
\もっと詳しく知りたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

暑くて食材が腐ってしまう

キッチンは、できるなら自然光が差し込む明るい場所にしたいですよね。
そう思って大きな窓を設置したら、西日が強くて、夏場にずっといられない、食材があっという間に腐ってしまった。そんなケースは非常に多いものなんです。

キッチンリフォームを考える時は、レイアウトやデザインだけではなく、環境を重要視してください。
日差しや気温だけではなく、風通しのことも忘れずに。

キッチンの場所が良くないという方は、冷暖房の増設、窓に日よけを付けるなど、日差しを調整できる工夫を色々してみてくださいね。

リフォームする前よりも暗くなった

一方、窓があれば必ず明るくなる・暖かくなるとは限りません。
キッチンを移動してみたら、思いのほかリフォーム前よりもキッチンが暗くなってしまったというケースもあります。

また、窓の前にしか食器棚を置く場所がなく、自然光が入らなくなってしまったという方もいます。
キッチンのリフォームを行う際には、リフォーム後の家具の場所も決めておき、窓がある場合には採光条件に詳しいリフォーム業者と相談しておくと良いでしょう。

買い替えられない冷蔵庫

家電製品の寿命は、一般的には10年位と言われています。
そうでなくても、重量のある冷蔵庫。簡単に買い替えられるものではありませんよね。
対面キッチンにリフォームしてみたら、通路が狭くて、もともとあった冷蔵庫の移動ができなくなってしまった、なんていうことがあります。
こだわりのレイアウトを考えたのに、冷蔵庫の場所が悪くて結局、料理の効率がダウン。

冷蔵庫を設置・移動する時は、冷蔵庫を置く場所の幅はもちろんのこと、冷蔵庫の扉や引出しを開いた時のスペースも、きちんと計算しておきましょう。

キッチンリフォームのこと
\もっと詳しく知りたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

ゴミ置き場のないキッチン

ゴミ箱を置くスペースを考えていなかった、元々のゴミ箱置き場が狭かった。
そのため、通路の真ん中にゴミ箱を置かなければならず、歩くたびに邪魔になっている。
そういう経験、ありませんか?
ゴミの分別の規定が細かい地域の方は、特に複数のゴミ箱のスペースも必要になりますね。

必ず、ゴミ箱を設置する空間もキープするようにしましょう。
上下に重ねられるダストボックスもあるので、活用してみても良いですね。
また、プラスチックゴミを洗った後、乾かす場所に困った、という話もあります。
ハンガーを吊るしたり、水切りラックを置けるようにしたりするなど、対策をしておきましょう。

対面式にしたら狭くなった

人気の対面式キッチンですが、壁付式のオープンキッチンからリフォームしたら狭くなった、という失敗談はとてもよくある話です。
対面式のキッチンとは、壁付式のキッチンよりも必要になる面積が広いのです。
理想的な形にしたつもりだったのに、前と同じ面積の中のはずなのに、動ける範囲がなくなってしまった。
そんなことになったら寂しいもの。

ギリギリの面積で対面式のキッチンをつくる時、調理スペースだけではなく通路も狭くなってしまいがち。
キッチンのレイアウトを決める際、冷蔵庫や収納ラックを開いた場合のスペースや、シンク、コンロ、冷蔵庫を行き来する時の動線をイメージしなくてはいけません。

通路のスペースは、できれば90cmは確保しましょう。
1人で使うか、2人で使うのかも一緒に考えておきましょうね。

2人以上で作業できない

親子で料理を楽しみたいと思ってキッチンを一新したのに、自分1人が作業するときのスペースしか確認していなかった、というミスもありがちです。

2人以上でキッチンを使う場合は、物を取りに行くときにすれ違うことがあるため、通路幅は120cm程度、キープしておきましょう。

キッチンリフォームのこと
\もっと詳しく知りたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

キッチンの高さが合わない

キッチンの実物を確認せずにリフォームしたら、自分の身長と合わなくて使いにくくなった、という経験談も多いです。
キッチンの位置が高すぎると肩や首を痛める原因になり、低すぎる場合はかがむ姿勢になるため腰に負担がかかります。

キッチンの最適な高さは、「身長÷2+5cm」です。
例えば身長が160cmの方であれば、160÷2+5cm=85cmが適した高さと言えます。

キッチンカウンターの高さは、80cm、85cmの2パターンが多いですが、1cm単位や2.5cm刻みなどのバリエーションの中から選択できる商品も多数あります。
キッチンに立つ方の身長に最も合ったサイズを選びましょう。なお、バリアフリーに対応したキッチンもあります。

なおキッチンの高さは、ショールームに行って実際に確認するのが一番良い方法です。

家電のコンセントが届かない

電子レンジ・炊飯器・電気ポットなど、キッチンで使用する家電は多いはず。
しかし、キッチンをリフォームした際に家電の置き場所を変えたら、コードがコンセントまで届かなくなってしまったとう体験談もあります。

キッチンカウンターや延長コードの活用で対処できることも多いですが、せっかくリフォームしたならスッキリ使いたいものですよね。
キッチン周りの家電は増えていくことが多いので、できればコンセントの増設工事も一緒に行っておくと良いでしょう。

また、パナソニック社のシステムキッチンには、キッチンカウンター自体にコンセントが設置されている機種もあります。

食器洗い乾燥機を使わない

キッチンにとりつけてみた時の、成功例も失敗例も多いのが、食器洗い乾燥機です。
片付けが簡単になった、という方も多い一方、そもそも手洗いの習慣が身についていて使わない、なんていう方も。
そのほか、思ったより食器が入らなかった、細かい汚れが落ちない、お皿が割れてしまった、などの理由で、食器洗い機を使わなくなるようです。
食器洗い機は、衣類の洗濯機と似たようなもので、デリケートなものを洗うには不向きです。
そして、スポンジが届きにくい細かい部分を洗うことは得意ですが、焦げ付きや口紅など、こすらないといけない汚れを落とすのが苦手です。

食洗機は、キッチンに「付けてよかった・いらなかった」両方のランキングで上位にランクインするほど、使用する人のライフスタイルに左右されます。
使う食器の素材や大きさ、食事をする人数など、自分のライフスタイルに食器洗い乾燥機が合うか、思慮した方が良いでしょう。

キッチンリフォームのこと
\もっと詳しく知りたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

キッチンとLDを1空間にしたら音や臭いが気になる

ダイニングとキッチンが一体的になるアイランド型キッチンなどは、料理しながらでも家族と会話できる時間が増えるという、素晴らしいメリットがあります。
が、家族との距離が近くなるからこそのデメリットもあるのです。

キッチンからダイニングまで煙や臭いがもれてしまったり、ダイニングからキッチンに聞こえるテレビの音がうるさかったり、と案外ストレスを感じてしまう方もいるようです。

とはいえ、料理中の美味しそうな匂いは、家族の素敵な空気をつくってくるものだとも思います。
料理をする人がキッチンにいる時間、家族みんなはどう過ごすでしょうか。
今一度それを思い浮かべて、最適なキッチン選びをしてみてくださいね。

アイランドキッチンにしたら全体が丸見えに

また、アイランドキッチンは他の型のキッチンと比べると、リビングや玄関などから全体が丸見えになるという特徴があります。
調理後にすぐ片付ける習慣が身に付くという考え方もありますが、忙しくてマメな手入れが行き届かないご家庭の場合、散らかって見えてしまうという難点もあります。

アイランドキッチンは、収納を確保しにくいというデメリットもあるため、整理整頓が得意ではない方には向かないかもしれません。
特に来客者が多い場合は、気を付けた方が良いでしょう。

リフォーム費用を抑えたら全体がアンバランスに

システムキッチンにはデザインも機能もこだわってコストをかけた一方で、全体のリフォーム費用を抑えるために周りの床や壁材は一番安いものを選んでみたら、全体のコーディネートがアンバランスになってしまった、というケースもよくあります。

またキッチン本体のみを交換するつもりでいたら、キッチンの幅や位置の変更に伴い、床材も張り替えることになってしまったという例もあります。

キッチンリフォームの際には、床材や壁紙、収納の交換も必要になる場合があるので、追加工事の発生有無についてリフォーム会社に事前に確認しておくようにしましょう。
また、工事完了後にキッチン周りの色合いや質感のバランスが良いかどうかもきちんとイメージしておくことが重要です。

キッチンは、日々の食事のための要となるスポットです。
以上のことを参考に、ぜひ有意義で満足できるキッチンづくりをしてくださいね!

キッチンリフォームのこと
\もっと詳しく知りたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

更新日:2017年1月17日

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

花瓶の花

手軽にできる花風水 花は運気アップの万能アイテム!

  • 編集部まとめ
オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 買う・借りる
ページトップへ戻る
CLOSE