MENU

2017/02/24

壁紙の種類はどれにする?特徴をおさえて失敗のないリフォームを

ビニールクロス

ビニールクロスは、塩化ビニール樹脂などを主原料とする、ビニールシートに紙などを裏打ちしたもの。非常に多く使われているクロスです。
ビニールという素材の特性上、多様な細工処理をすることが可能なため、プリントや凹凸のエンボスなど、表面加工にも様々な種類があります。
消臭、抗菌、汚れ防止などの工夫された機能を備えた商品も次々に開発されています。
耐久性や清掃性も高く、色やデザインの豊富さが魅力です。
一方で、化学物質が材料に含まれるため、健康面への影響や、廃棄で焼却する時に有害物質が出てしまうことを心配されている傾向もあります。
そのため最近では、塩化ビニールの使用量を軽減、糊の部分をデンプン糊にするなどといった試みも続けられています。

パルプを原料とした洋紙に、プリント加工やエンボス加工したものが紙クロスです。
特に海外で活躍しているため輸入ものが多いですが、こうぞや、みつまたを使った和紙、ケナフなど非木材紙を使用したものなどもあります。
紙素材は音を吸収し、空気を通してくれるメリットがあります。環境や健康に対する面でも安心のため、注目されてきています。
ビニールクロスに比べて薄いため、下処理を怠ると下地の目地が出てしまうので、壁に凹凸がある壁に貼る場合、要注意です。
水拭きができるものとできないものがあり、また「紙壁紙」として売られていても、ビニール素材が含まれている商品もあります。購入の際には、表示に気をつけてくださいね。

不織布

不織布壁紙はパルプとポリエステルなどの化学繊維を3次元に絡ませて作られているため、破れにくく強いのが特徴です。
水にぬれても伸びにくいため、非常に簡単に施工できます。
高級感や重厚感があり、ゆったりとした雰囲気を演出してくれるため、ホテルや美術館で取り入れられていることが多いです。
ほこりが吸着しやすいので、手入れとしては、はたきをかける方法が良く、水拭きは避けた方が無難です。

木質系

薄くカットした天然木やコルクなどを、紙やアルミと貼り合わせたもの。ぬくもりのある木質系の壁材は、カントリー調や落ち着いた空間を作り出すことができます。
昔から用いられているため、心地よさを感じる方も多いのではないでしょうか。
衝撃に強く、へこみや傷がつきにくい、手入れがしやすいという長所があるため、ペットと一緒に暮らす方に重宝されています。
浴室や洗面所に隣接する部屋に適すよう、湿度を調節する機能を施したものも出ています。

無機質系

自然素材の石や土、セラミックやガラス繊維などを主素材としたものですが、リサイクル素材でつくられたものもあります。
調湿性、防火性に優れており、結露が発生しにくいためカビが発生しにくいのも特徴です。
素材を活かした個性的なものや、シンプルでモダンなものなど、多種多様なデザインが幅広く存在します。
本物にしか出せないテクスチャーを持っているため、本物志向、自然志向の方にオススメです。

珪藻土

珪藻土は、太古の植物プランクトンが堆積して土になったものです。特に無機質系壁紙に使用されていることが多く、アメニティ重視のファンから支持されています。
調湿性や消臭効果にすぐれており、人に有害な「ホルムアルデヒド」の分解機能もあります。
自然の紙と土が成分になっているので、味わいのある風合いが楽しめます。ざらざらとした手触りがあり、印刷では表現できない繊細な色合いや奥行きを見せてくれます。

オレフィン壁紙

オレフィンとは、比較的ビニール壁紙に近い性質を持っており、塩化ビニールの使用を軽減するために普及してきた素材の一つです。ポリエチレン・ポリプロピレンなどの合成樹脂が主原料。
一番の特徴は、焼却時に煙の発生が少なく、塩化水素などの有毒ガスがほとんど発生しない点です。また、汚れに強いですが、手垢や埃はつきやすいため、こまめに水拭きをすることが長持ちさせる秘訣です。
表面強度が高くキズもつきにくいので、機能的な壁紙といえるでしょう。

いかがでしたか?最近では、デザインはもちろんのこと、様々な特徴のある壁紙が数多く提案されています。日本壁紙協会にガイドラインが設定されているので、合わせてチェックしてみても良いでしょう。
用途やインテリアにあわせて上手に壁紙を選び、素敵なお部屋にしてみてくださいね。

快適
\おしゃれな壁紙にしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 家選び

【体験談】購入前の建売住宅をホームインスペクターに診...

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE