MENU

2017/02/06

これはおすすめ!キッチンのシンク下の扉を “カーテン” にする5つのメリット♡

収納に使えるスペースが広くなる

キッチンのシンク下はそこまで広いスペースでもないですが、収納するものはいっぱい。
あと少しのところで、鍋が引っかかって扉がしまらないという経験はありませんか?
ドアの開閉スペースが不要になると、それだけでシンク下が広くなります。

通気性がいい

2つ目のメリットは、シンク下の通気性が良くなることです。
水を使用するので、シンクの下は、どうしても湿気がこもりがち。でも、閉め切らず、カーテンで通気を良くしておけば大丈夫です。
カビも嫌な臭いも発生しにくくなるでしょう。

汚れたら洗える


キッチンは油や調味料を使うので、キッチン周りは汚れがちです。
白い布などを使っていて汚れてしまっても、さっと取り外してすぐに洗うことができます。
扉の場合、傷がついたり汚れても簡単に交換、というわけにはいきません。布製のカーテンの場合、交換や洗濯がすぐにできるのでおすすめです。

すぐに模様替えができる

毎日立つキッチンですから、時にはイメージチェンジしたいですね。
扉ではそうもいかないですが、カーテンなら、それが簡単にできます。例えば、春には明るい花柄にしたり、夏には青と白で爽やかさを演出してみるのもいいですね♪
秋冬になったら、落ち着いたネイビーやクリーム色に変えてみましょう。

素材では、麻も、丈夫で通気性がいい素材なのでおすすめです。野菜の保存にも使われるものですから、キッチンにはぴったりですね。ちょっと変わった使い方ですが、気軽にチャレンジできるのが強みです。

静かに開閉できる

夜や朝、静かな時間帯にドアを開け閉めする音は、意外と大きく響くかもしれません。
また、リビングやダイニングに隣接しているキッチンなら、開閉音は極力避けたいですね。
シンクスカートを取り入れれば、家族が寝ている時間の朝ごはんの準備も心置きなくできますね♪

このように、シンク下をカーテンにすると、たくさんのメリットがあります。つっぱり棒とカフェカーテンがあればすぐにできます。カフェカーテンがなければ、生地をピンチで留めてみましょう。あっという間に、かわいいシンクスカートが完成です。是非、トライしてみてください。

キッチンのシンク下を
便利にするには?/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

更新日:2017年2月6日

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE