MENU

2017/02/24

「廊下の照明はどれにする?」設置場所別イメージまとめ♪

一般的なのはダウンライト

廊下の照明として最も一般的なのがダウンライトです。天井に直接埋め込むタイプのものなので、交換も楽ですし、廊下の空間が広く見えます。
また、どんなデザインにも合うので、マンションやアパートでも採用されています。

天井低めならシーリングライトを

機能重視でシーリングライトを設置するのもいいですね。廊下全体を均一に照らし、簡単にお手入れできます。
天井が低い場合には、シャンデリアやペンダントライトだと、圧迫感があるので、天井に埋め込むタイプのダウンライトか、シーリングライトがおすすめです。

階段付近にディスプレイされた木やライトに目をひかれると思います。しかし、廊下を照らすシーリングライトにもご注目ください。
メインの照明だけでは少し暗い場合など、程よくカバーするには、小さなシーリングライトが適役です。

シャンデリアなら華やかに


華やかなシャンデリア。廊下にはもったいない気がするでしょうか?しかし、玄関から、真っ直ぐに見える廊下や、吹き抜けには、飾りとしていいかもしれません。

スポットライト

廊下に絵画や写真を飾るなら、スポットライトはいかがでしょうか?通路としてだけでなく、小さなギャラリーとして活用できますね。
写真の照明は、レールに沿って動かすことができるトラックタイプなので、ディスプレイを変えても対応可能です。

ペンダントライトはデザインが豊富

おしゃれなデザインが多いペンダントライトは、一つ吊るすだけでも、インパクト大。お好みのテイストを演出してみてはいかがでしょうか。

自然素材を使った照明なら、存在感がありつつも、その素材と色味でリラックスムードの家にマッチしそうですね。

カラフルなモザイク柄のこちらは、シンプルな家のアクセントにいいですね。白い壁の廊下にはぴったりです♪

壁面につけるブラケットライト

ブラケットライトは壁面に取り付けるタイプのライトです。そこまで明るくならないので、補助的な照明ですが、廊下には丁度いい明るさかもしれません。

ブラケットライトは、個性的なデザインのものも多いので、アクセント的な使い方にも向いています。特にアンティーク調の照明は他のタイプではあまりなく、ブラケットライトならではといえます♪
ただし、圧迫感があるので狭い廊下には向いていないので、注意してください。

壁の下部分への設置

壁の下部分にだけ照明を設けると、明るくなりすぎず、雰囲気のある廊下になります。
ただし、安全性の面から考えると少し危ないので、他の照明器具と組み合わせて使用するといいでしょう。
夜寝てからつけておくライトとしては、おすすめです。

なお、トイレなど夜中によく利用する場合は、常夜灯としてフットライトが便利です。
災害などの緊急時にも安心ですね。センサー付きで、人が通るときだけ点灯するものもおすすめです。

建築化照明

「建築化照明」って何?という方がほとんどですよね。
なかなか耳慣れない言葉ですが、リフォームをする時などは知っておいたほうがいいかもしれません。
建築化照明とは、建物の一部として壁や天井などに照明器具を組み込み、建築部材そのものが照明かのように見せる手法です。

この照明があるだけで、一気におしゃれな雰囲気になるので、取り入れてみたいですね。

建築化照明にも種類がありますが、光を天井に反射させる照明の「コーブ照明」というタイプもおすすめです。
天井方向に広がりを出す照らし方が特徴です。

照明器具の光を壁面に反射させる手法の「コーニス照明」もおしゃれです。コーブ照明との違いは、空間に奥行きを与える照らし方になる点です。
場所によっては照明器具が見えてしまうことがあるので、人の導線を考えて、見えない場所に設計するのがポイントです。

廊下は、家の間取りをつなぐ大切な動線ですから、使いやすく快適でなければなりません。廊下照明は、夜間の安全のために十分な明るさを確保しましょう。また、その役割に限らず、壁やドアのデザインとコーディネートすると素敵ですよ。ただ通り抜けるだけの廊下ではなく、癒しのある空間となるよう、照明を工夫されてはいかがでしょうか♪

廊下
\おしゃれな照明をつけたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

スレート屋根材の特徴

  • 屋根塗装・屋根

外国のポーチをお手本に♪玄関先のくつろぎスペースを作...

  • ポーチ
ページトップへ戻る
CLOSE