MENU

2017/02/24

“ヨーロッパ風のアプローチ” にしたいなら、天然石をつかうのがおすすめ♡

アプローチによく使われる天然石の種類とは?

天然石には様々な種類がありますが、アプローチに使用する場合は特に耐久性の高い石を選ぶことが大切です。
よく使われるのは御影石・石英岩・石灰岩など。水や日差しに強いという特徴を持っており、色味も豊富なので好みの雰囲気に仕上げられます。
また、ヨーロッパ風のアプローチにはこれらの天然石がランダムにカットされた「乱形石」がおすすめです。
石畳に使われることの多い種類で、組み合わせて敷くと表情豊かなアプローチが完成します!

ヨーロッパ風のアプローチにするポイント

アプローチをヨーロッパ風に仕上げるために、まずは天然石の色味にこだわってみましょう。
ホワイト系は古都の石畳のように、イエロー系ならカントリー調に、ピンク系は南欧のような温かみのある雰囲気になります♪
そして、乱形石と組み合わせて使うと便利なのが、ピンコロと呼ばれるブロック型の天然石やレンガ。
アプローチと植え込みとの境界がくっきりします。
また、カーブをつけて動きを出すこともおすすめ。
短い距離でも遠近感と奥行きが生まれます。

イエロー系の天然石で素朴な風合いに

こちらはイエロー系の石英岩を使ったアプローチ。
ヨーロッパ風の中でもイギリスやフランスの田園地帯で見られるような、素朴で温かい雰囲気が生まれますね。
カーブをつけて動きを出したり、植物を植えられるような細い縁取りを残しておくのもポイント。
作り込み過ぎないナチュラルさが、ヨーロッパ風に仕上げるコツです!
左端にはレンガを積み上げた植え込みのスペース。
アプローチとの高低差を作ることで、全体にバランスの良い遠近感が出ます。

天然石とレンガを組み合わせた丸みのあるライン

一方、こちらはピンク系の天然石を使ったアプローチ。
深みのある色合いによって温かみが生まれ、イタリアやフランス南部などを思わせる南欧風に仕上がっています。
コンクリートと組み合わせる場合もカーブを作って動きを演出。
間に植物を植える細いスペースを残し、緑との調和を出すのもポイントです。
また、同じ色調のレンガを縁取りや花壇に使えば、アプローチがさらにくっきりしたラインに!
玄関との段差にもレンガの高さを上手に利用していますね。

レンガだけ

レンガだけだと、よりカジュアルな雰囲気になりますね。
少し歩きにくいので、よくハイヒールを履く方や、高齢の方がいる場合は避けたほうがいいかもしれません。

自然の風合いが魅力の天然石。
アプローチに使うとおしゃれなヨーロッパ風に仕上がることがお分かりいただけたでしょうか?
色の種類が豊富なのも天然石の特徴です。
家の雰囲気に合った石を選んで上手に統一感を出したいですね!

アプローチ
\もっとおしゃれにしたい!/

完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE