MENU

2016/10/17

屋根塗装・屋根リフォームの費用相場

>> 屋根塗装・屋根リフォームの無料相談はこちら

屋根塗装・屋根リフォームの中心となる価格帯

こちらでは、リショップナビのリフォーム事例をもとに、屋根リフォームにかかる費用相場を確認できます。(※2015年6月時点集計データ)


屋根・屋根塗装リフォームの中心になる価格帯は、50万円から100万円までの間です。
屋根リフォームの大部分をしめる塗り替え・屋根塗装であれば、使用する塗料の種類にもよりますが、ほとんどの場合が60万円未満で施工可能です。
既存の屋根の上から屋根をかぶせる重ね葺き(カバー工法)であれば、100万円〜120万円ほどの予算ですが、下地や屋根材も含めて全て取り替える、葺き替えの場合は120万円以上の予算を見込んでおきましょう。
葺き替えの場合は、使用する屋根材によって価格が変動します。
屋根材は粘土系(和瓦)・スレート系・セメント系・金属系の4種類がありますが、一般的には、瓦屋根が最も高く、スレート系や金属系の屋根材が比較的安価です。

屋根塗装・屋根リフォームのポイント

屋根のリフォームには大きく分けて3種類の工法があり、塗り替え(塗装)・重ね葺き(カバー工法)・葺き替えの順に費用が高くなります。
それぞれの工法の特徴をご説明するので、屋根の状態に合わせて適切なリフォーム工事を実施しましょう。

屋根リフォームの工法

【塗り替え(塗装)】

塗り替え(塗装・塗り直し)は使用する塗料ごとにかかる費用が異なり、一般的には、アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料の順で高価になります。
ただし、単価が安い塗料ほど、耐久年数が短い傾向にあるので、屋根塗装のリフォームをする際には、その時にかかる費用だけでなく、メンテナンスにかかる費用など、長い目で見てお得な方法を選択しましょう。
また、屋根塗装の一番の目的は、表面の耐久性と美観を良くすることで、補修には向きません。
屋根のズレや割れ、雨漏りや腐食などの問題がないか、塗り直しを行う前に確認しておきましょう。

【重ね葺き(カバー工法)】

重ね葺き(カバー工法)は、既存の屋根の上に、新しい屋根材を重ねる施工法です。
既存の屋根が、スレート、金属材、アスファルトシングルなどといった平板素材であれば、適用できます。
屋根が劣化はしているけど下地までは傷んでいないという場合には、重ね葺き(カバー工法)がおすすめです。
解体や廃材処理などの作業がほとんどないため、騒音やホコリが立ちにくく、リフォームにかかる費用や工事期間が抑えられるというメリットがあります。
ただし、屋根材の重さが増える分、耐震性に影響が出るかもしれません。不安な方は、事前にリフォーム会社に相談しましょう。

【葺き替え】

葺き替え工事は、今ある屋根材を撤去し、下に敷く防水シートも一緒に交換します。
屋根全体を一新できるので、既存のものより軽い屋根材にして耐震性能を上げることが可能です。
元々あった屋根の解体・処分を行うため、施工費用が高額になり、工期が長くなるというデメリットがあります。
さらに、解体時に耳障りな音やホコリで近所とトラブルにならないよう、注意する必要もあるでしょう。

なお、屋根リフォームをする際には足場を組む必要があり、足場代がかかります。
そのため、同様に足場を使用する外壁リフォームやバルコニーリフォームを行う場合は、あわせて実施したほうが費用が安く済みます。

ここからは、価格帯別に一般的な屋根リフォームの工事にかかるおおよその金額を見ていきましょう。
この金額には、塗料や屋根材などの材料費、工事費用、諸経費を含みます。

予算に合わせた
屋根リフォーム!
まずは
無料一括見積もりで比較 ▶

50万円未満でできる屋根塗装・屋根リフォーム

一般的な屋根面積の塗り直しであれば、使用する塗料に関わらず50万円未満に収まることもあります。
ただし、塗り直しの回数(複数回塗ることによって耐久性が増します)や足場の組み方によっては料金が高くなることがあります。
なお、下記事例はすべて、屋根面積90㎡の住宅を対象とします。

事例1
屋根塗り直しリフォーム

材料費 屋根塗料 工事費用に含む
工事費用 足場設置・仮設工事・高圧洗浄・屋根塗装 38万円
総額 38万円


スレート材の屋根に、ウレタン塗料を使用し3回重ね塗りをした場合の費用です(工事費用は高圧洗浄を含みます)。塗装工事は、下地と屋根材が傷んでいない場合に有効なリフォーム方法で、高圧洗浄で既存屋根の汚れを落とした後に、複数回の塗装を施します。
屋根リフォームの足場設置の平均的な平米単価は600〜800円ほど、高圧洗浄の平均単価は200〜250円と考えておきましょう。


事例2
フッ素塗料の塗り直し

材料費 屋根塗料 工事費用に含む
工事費用 足場設置・仮設工事・高圧洗浄・屋根塗装 42万円
総額 42万円


スレート材の陸屋根に、シリコン塗料を使用した場合の費用実例です。


屋根塗料の単価

塗料によって耐久年数が5年〜15年ほどと異なるので、初回の費用が安くても、その後の塗り直しの回数で最終的なコストパフォーマンスが変わります。
その後何年間同じ家に住み続けるのか、なども考慮して長期的なメンテナンス費用まで含めたリフォーム料金で判断しましょう。

 

  

塗料名 耐久年数 費用(1㎡)スレート材に塗装する場合
アクリル塗料 5年〜7年 700円〜1,000円/㎡
ウレタン塗料 8年〜10年 1,500円〜1,700円/㎡
シリコン塗料 13年〜15年 1,800円〜2,000円/㎡
フッ素塗料 15年〜20年 3,500円〜4,500円/㎡
断熱塗料 12年〜15年 3,600円〜4,800円/㎡

50万円までの屋根リフォームの事例

予算に合わせた
屋根リフォーム!
まずは
無料一括見積もりで比較 ▶

50万円〜100万円でできる屋根塗装・屋根リフォーム

既存の屋根の下地を使用する重ね葺き(カバー工法)の工事の場合の費用です。
カバー工法でも屋根の面積や使用する屋根材によっては100万円を超えることがあるので、注意してください。
こちらの事例も、屋根面積が90平米の場合の費用実例です。

事例3
屋根の重ね葺きリフォーム

材料費 屋根材・下地材 工事費用に含む
工事費用 足場設置・仮設工事・屋根葺き 100万円
総額 100万円


ガルバリウム鋼板を使用して屋根を重ね葺きした場合の費用です。重ね葺きとは、既存の屋根を撤去せずに新しい屋根材を上からかぶせる方法です。下地が傷んでいない場合に有効な工法で、下地材を撤去する必要がないので工期が短くて済み、材料費・工事費ともに費用を抑えられます。カバー工法では屋根材を2重にすることになるので、屋根全体の重量を考慮して、軽い屋根材を使うのが一般的です。


50万円〜100万円までの屋根リフォーム事例

100万円〜150万円でできる屋根塗装・屋根リフォーム

既存の屋根材・下地をすべて取り替えて新しい屋根材を設置する「葺き替え」や、場合によっては重ね葺きも、この価格帯になることがあります。

事例4
屋根の葺き替え工事

材料費 屋根材・下地材 工事費用に含む
工事費用 足場仮設工事・既存屋根撤去・屋根葺き工事 140万円
総額 140万円


和瓦からカラーベストへの葺き替え工事です。和瓦よりも軽い素材なので、屋根にかかる負担が軽減されます。屋根の重量を軽くすることで、地震の際の建物の揺れを軽減させることができるので、家の耐震性を高めることができます。他にも、金属系やスレート系の屋根材が比較的軽量なので、耐震対策としては、これらの屋根材への葺き替えも有効です。


100万円〜150万円までの屋根リフォーム事例

150万円以上でできる屋根塗装・屋根リフォーム

屋根の葺き替えでも、屋根の面積が広い場合や、瓦屋根への葺き替えの場合に費用が高くなります。
既存の瓦屋根の傷みが少なく、再利用が可能な場合は、下地の工事のみを行い再度以前の瓦を乗せる、「葺き直し」という工法をとることもあります。

事例5
和瓦の葺き替えリフォーム

材料費 屋根材・下地材 工事費用に含む
工事費用 足場仮設工事・既存屋根撤去・屋根葺き工事 200万円
総額 200万円


和瓦から和瓦へのふき替えの場合の費用です。葺き替え工事の費用は、スレート系や金属系の屋根材に比べると和瓦が最も高価になります。耐久性が高いという特徴がありますが、他の屋根材に比べて重量があるので耐震性を重視して、採用する人も減っています。


150万円以上の屋根リフォーム事例

屋根材の種類と価格

屋根材はいくつか種類がありますが、特徴や費用が異なります。重ね葺きや葺き替えをするときには、特徴をおさえて、ライフスタイルにあう屋根材を選びましょう。

 

屋根材 特徴 重量 価格(㎡)
スレート 色合いが豊富で人気が高いですが、経年劣化によって色落ちするので10年を目安に塗装が必要です。 軽い 5,000円〜7,000円
ガルバリウム 化粧スレートの1/4の重量で非常に軽く、耐震リフォームとして採用する方も多いです。色・形とも豊富でメンテナンスが基本的に不要です。 非常に軽い 6,000円〜8,000円
和瓦 昔からある屋根材で、色落ちしにくいですが、強風や地震に弱く漆喰のメンテナンスが必要というデメリットがあります。 非常に重い 8,000円〜10,000円
セメント瓦 和瓦と遜色ない強度ながら、洋風・和風のデザインが選べるのが魅力です。15〜20年で塗装のメンテナンスが必要になります。 重い 6,000円〜8,000円

屋根リフォームに対応しているリフォーム会社

予算に合わせた
屋根リフォーム!
まずは
無料一括見積もりで比較 ▶

更新日:2016年10月17日

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE