MENU

2017/02/24

階段の種類と特徴4タイプまとめ!どの階段にする?

階段の種類

階段の種類はかたち別に「直階段・かね折れ階段・折り返し階段・らせん階段」の4種類に分けられます。
それぞれ安全性や昇り降りのしやすさ、設置にかかる費用が異なるので、事前にしっかり確認をして選びましょう。

直階段

直階段は、一般の住宅で最も多く使用されているタイプで、その名の通りまっすぐで折り返しのない階段です。
省スペースでシンプルなかたちなので費用も安く済むのがメリットですが、少ないスペースで高さを出すために、急勾配になってしまうこともあるので、注意が必要です。

最近では色々なデザインが出ており、こんな風にスタイリッシュな雰囲気が人気ですが、手すりがないなど、安全性で心配なものもあるので、手すりは必ずつけるようにしましょう。

安全面おしゃれさ
\譲れない!/

まずは階段リフォームを
無料で相談してみる

かね折れ階段

かね折れ階段は、途中でL字型に折れているタイプで、踊り場があります。
メリットとしては、踊り場があるので、落下しても下まで落ちてしまうのを防ぐことができます。
ただし、折れている分、広い面積が必要になりますし、費用も直階段よりは高くなります。

こんな風にインテリアと同化しているようなデザインもあるので、お部屋が狭く階段の存在感をそこまで出したくないという方にはおすすめです。(ただし、手すりは必須です!)

こちらのかね折れ階段と直階段は、階段下のスペースが広く取れるので、階段下収納を作る場合にはおすすめのかたちです。

折り返し階段

折り返し階段は、かね折れ階段とよく似ていますが、L字型ではなくU字型に折れているのが特徴です。
踊り場があるので、かね折れ階段と同様に落下した際に下まで落ちてしまわないメリットがありますが、踊り場のスペースがかね折れ階段よりも更に広い面積で必要なので、注意してください。

同じ高さの場合は、直階段よりも折り返しているタイプのほうがステップ数が多くなるので、勾配がなだらかになり、ステップの幅も広く取れるので安全です。

安全面おしゃれさ
\譲れない!/

まずは階段リフォームを
無料で相談してみる

らせん階段

らせん階段は、写真のようにステップが螺旋状になっているタイプです。
おしゃれな雰囲気で憧れてしまいますが、複雑な形なので、費用が高くなりますし、ステップが三角形になることが多く、中心に近いほど踏むスペースが狭くなります。

ただし、かたちによっては、他の階段よりも省スペースで済む場合も多く、こんな風にリビングに置くことができるのが魅力です♪

らせん階段というと、洋風のものというイメージですが、和風の家にも合うので、ぜひ検討してみてください。

ステップのデザインも重要

また、かたちの他にも、ステップのデザインにもいくつか種類があります。
こちらの写真のようにステップの間に隙間を作っておけば、階段があっても、家の中が暗くならないので、おすすめです。

いかがでしょうか?あまり気にかけることのない階段の種類ですが、それぞれ特徴がありましたね。
家の中で確保できるスペースによって変わりますが、なるべく安全で昇り降りのしやすい階段を選びましょう。

安全面おしゃれさ
\譲れない!/

まずは階段リフォームを
無料で相談してみる

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE