MENU

2017/02/24

そこから見える景色もインテリア♪窓を主役にした部屋のつくりかた!

はめごろしの窓がおすすめ

景色を十分に楽しみたいなら、はめごろしの窓で絵画のように見せるのがおすすめです。
特に、窓枠がはっきりした色の大きな窓なら、窓枠の効果でパッと見た感じ絵画がかかっているようにも見えます。
そこから見える、季節によって変化する景色も素敵でしょう。

壁一面が窓

次にご紹介するのは、お部屋の一面がすべてガラス張りのデザイン。
採光部分が多いため、明るさは抜群です。
カーテンサイズは特注となりそうですが、景色が良いお家ならぜひトライしてみてください。

開放感ある大きな窓

お部屋の2面以上をガラス張りにする方法もあります。
こちらも採光は抜群、日中ならほとんどが照明いらずではないでしょうか。
そして何よりも、他に劣らないのが、特異な開放感。
配置の仕方によっては、まるで屋外にいるかのような開放感がある部屋になり、家族のお気に入りの空間、憩いのスペースになること間違いないですね。

快適明るい
\おしゃれなにしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談

大きくカーブした窓

大きくカーブした窓は、採光がいいのはもちろん、ベランダに出ているかのように見える景色も大きく広がり、さらにこれだけで非常にお洒落。
お部屋の雰囲気も優しい感じになるので、特にリビングなどにおすすめです。

ワンポイントで北欧風に

四角い窓の上に半円の窓が付いているスタイルもあります。
日本ではなかなか見ないデザインなので、これだけで北欧のような雰囲気になります。
可愛らしくも、シックにも、ナチュラルにも合わせられるので、どんなお部屋にも取り入れられます。

すっきりとシンプルに

縦長い切れ目を壁に入れたような窓もあります。
ひとつあるだけでお部屋の雰囲気をスタイリッシュにします。
華美な装飾ではないですが、白い壁を引き立たせる外の緑が目立っていますね。

和室に、横に細長いタイプの窓をつけるのもおすすめです。
和室の雰囲気を崩さずに、少しの隙間から覗く外の景色が素敵です。

外から家を見た時も、細長い窓は絵になります。
家の中の明かりを切り取り、壁に一筋オレンジ色の光がさして綺麗です。

窓一つ変えるだけで生活空間が明るくも落ち着いたようにも変化します。
ライフスタイルや好みに合わせてアレンジしてみませんか。

快適明るい
\おしゃれなにしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談

転載元:リショップナビ

あなたにおすすめ記事

古民家リノベーション

購入物件じゃなくても実現可能!?子育て世代の賃貸から...

  • リフォーム

エレガントなエントランス空間に!リュクスな要素を取り...

  • リフォーム

リフォーム資金の「贈与税の非課税措置」

  • 編集部まとめ

浴室風水のポイントをおさえて、健康運アップ♪

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE