MENU

「知らないから、不安」をなくす。家を購入するダンドリを確認しよう!

konyu_dandori

家を購入するのに、不安な人なんていない

家を買った経験のない人にとって、その手順はわからないことだらけです。
事前に購入のダンドリを把握することで、初めての心配を減らすことができますので、全体の流れをまとめてみました。

大まかな段取りを簡単に見ていきますが【新築】【中古マンション・戸建て】【注文住宅】などによって、それぞれ異なる性質がありますので、整理しながら見ていきましょう。

  1. 「希望の住宅」と「資金計画」について話し合う
  2. 物件の見学と絞り込み
  3. 購入申し込みと住宅ローンの事前審査(仮審査)
  4. 重要事項の説明と売買契約(注文住宅の場合は請負契約)
  5. 住宅ローンの申し込み、契約
  6. 残金決済と鍵の引き渡し
  7. 引っ越し・入居

①「希望の住宅」と「資金計画」について話し合う

どんな家に住みたいのか、まずは家族で話し合いましょう。
通勤や通学にかけられる時間、買い物や病院などの利便性はどうか、子供が小さければ子育てする環境は整っているか?などです。

あらためて口に出すことで、意外と夫婦に相違があったりすることも。
家を買うことがゴールではなく、住み始めてからが何十年も住み続けるものです。
将来のライフプランも考えて、きちんと話し合いましょう。

資金計画によっては、購入できる土地や建物が変わってきます。
本やインターネットで下調べをしたり、不動産屋さんを訪れ、希望の住宅について相談してみましょう。
担当者から直接アドバイスを聞くことで、見落としがちな購入知識が身に着くこともあります。

PR:不動産会社を探すなら、不動産会社の口コミサイト「いえーる コンシェル」

②物件の見学と絞り込み

●新築マンション・注文住宅 新築戸建てを希望する場合
モデルルームやモデルハウスを見学してみましょう。
未完成のマンションでも、モデルルームが内見できるところがあるので、積極的に情報収集!

注文住宅の場合は、家を建てる施工会社(ハウスメーカー、工務店、設計事務所など)を探します。
土地探しを優先する場合もあるので状況に応じて探しましょう。

●中古マンション・中古戸建て を希望する場合
どんな家が欲しいか、場所はどこにするか、大まかなイメージができたら、不動産会社に行って物件を紹介してもらいましょう。
すぐに気に入った物件に出会っても衝動的な契約は避け、ほかの物件と見比べることで、最終的に納得したうえで購入ができます。
気になる物件を見つけたら、どんどん足を運んで理想の住まい像を固めていくとよいでしょう。

この時に注意が必要なのは、あまりに細かく条件を絞りすぎると、合致する物件に出会うことが出来ず、「いつまで家探しを続けなければならないの?」と不安になることも。
これだけは譲れない!という、いくつかの思いを大切に、広い視野で物件を探しましょう。

 

③購入の申し込みと住宅ローンの事前審査(仮審査)

konyu_dandori4
「この家に住もう!」と決断したら、不動産会社が用意した「購入申込書」に署名押印をします。
この書面は購入の意思を示す物で、ほかの購入者に対して、優先順位を確保するためです。

これによって売買契約がなされた訳ではないので、後に撤回することも可能ですが、これにより多くの人たちが動くことになります。安易に考えず、十分に考えて決断しましょう。

不動産会社に購入の意思を伝えたら、担当者と相談し、住宅ローンの事前審査を金融機関へ依頼します。
「購入の申し込み」から「売買契約」を結ぶまで、通常1~2週間ほど間をあけて「事前審査」が行われます。

もし、審査が否認された場合は何らかの事情があるわけなので、それを解消するか、資金計画の見直しが必要となります。
その原因については不動産担当者とよく話し合うことで、アドバイスしてくれるケースもあります。

④重要事項の説明と売買契約(注文住宅の場合は請負契約)

●新築・中古マンション の場合
売買契約を結ぶ前には必ず、宅建建物取引士から重要事項説明を受けます。
権利や契約内容に関することなど、多岐にわたります。物件に注意点がある場合なども、重要事項として説明を受けるので、しっかり理解しておくことが大切です。

「重要事項説明」は、物件取引においての詳細な説明を受け、あなたがこの物件を本当に買って良いのかという、最終判断の機会でもあります。
売買契約の際は通常、関係者立会いのもとで、契約書の読み合わせが行われ、問題がなければ売主、買主双方が署名と捺印をします。
また、売買契約が成立した証として手付金を支払います。
売買契約が成立すれば、原則として撤回することはできません。

●戸建て・注文住宅の場合
建設業者と「工事請負契約」を結びます。
このとき対象となる住宅は、まだ存在していませんので、このあと建設業者が住宅を完成させること、建て主がその仕事に対する対価を支払うことを「約束」した契約を「工事請負契約」といいます。
工事請負契約を締結する際には「契約手付金」が生じることがほとんどです。

⑤住宅ローンの申し込み、契約

●新築・中古マンションの場合
売買契約が終われば、住宅ローンの申し込みに進みます。
事前審査を受け、内定を得ている場合でもこの申し込みにより、正式な審査に入ります。

売買契約後、すぐに行われるのが通常ですが、遅くとも2~3日後までには申し込みができるようにしましょう。
たいていの場合、住宅ローンが否決された時のために白紙撤回できる、「融資利用の特約」が盛り込まれていますが、これには適用期間が設けられているので注意が必要です。

買主の都合で申し込みが遅れ、期間内に回答が得られず、住宅ローンを借りられなくなってしまう場合は白紙撤回できません。
そのうえ手付金が返還されず、違約金が発生する場合もあるので、計画的に進めましょう。

●戸建て・注文住宅 の場合
中古マンションなどは、すでに建物が出来上がっている物件に対し融資が実行されますが、注文住宅の場合は、建物が完成された後でなければ実行されません。
そこで建物が完成されるまで、数回へ分けて代金を支払う必要が出てくる場合があります。
必要な資金が手元にない場合、その資金を一時的に借り入れる「つなぎ融資」を利用することもできます。

 

⑥残金決済と鍵の引き渡し

konyu_dandori5

●新築・中古マンションの場合
住宅ローンの可決後、売買契約の取り決めに沿って、手付金を除いた残代金を支払うのが「決済(残金決済)」です。

同時に固定資産税や都市計画税、マンションの場合は管理費などの清算金を支払います。
売主、買主共同で名義の移転書類を作成します。

司法書士は取引契約を確認し、所有移転登記の手続きを行います。その後、住戸全ての鍵や関係書類などを受け取り、ようやく売買の手続きが完了します。

●戸建て・注文住宅の場合
つなぎ融資を利用している場合、住宅が完成した段階で最終的な残代金を支払い、住宅の引き渡しが行われます。
「工事完了書」にサインし、鍵、保証書などを受け取ってようやく手続きが完了します。

 

⑦引っ越し・入居

いよいよ入居です。
引っ越しの準備がスムーズに行えるように、不要な大型ごみの処分や、新居へ運ぶ荷物の梱包など、計画的な準備が必要です。

また、引っ越し前後には、転出・転入手続きを役所で行いましょう。
このほか、各所へ住所変更の手続きも必要ですので早めに手配を進めておきましょう。

(一例)
・郵便局への転居手続き
・電気、ガスなどの公共料金、転校の手続き
・国民年金、国民健康保険証の手続き

最後に

住宅を購入するまでの大まかな段取りを把握しておくことで、不動産業者との手続きを、予測しながら進めることが可能になります。
疑問に思うことは、つど担当者に確認し、一つずつ理解を深めながら慎重に契約を進めていくことが大切です。

あなたにおすすめ記事

花瓶の花

手軽にできる花風水 花は運気アップの万能アイテム!

  • 編集部まとめ
オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 買う・借りる
ページトップへ戻る
CLOSE