MENU

安心エリアで家探し!Molyなら犯罪・防犯情報を素早くキャッチ

犯罪情報を通知してくれる

付近の犯罪情報を察知して危険を回避


女性なら、ひとり歩きが怖いなと思うときって結構ありますよね。
夜でなくても、ひったくり等の犯罪に巻き込まれそうな場所や、ナンパやつきまといが多い場所はできるだけ避けたいものです。
さらに毎日帰宅する家を購入する際も、防犯面を考えて選びたいもの。

そこでおすすめしたいのが、女性用危険察知防犯アプリ『Moly』。
今自分がいる場所の付近に危険がないかをいち早く察知して、危ない場合には危機回避を促してくれます。
さらに、これまでのデータから、安全面を考えた家選びにも役立てることが可能です。

『Moly』の特徴や、どのような使い方ができるのかを詳しく見てみましょう。

女性の4割以上が路上で不安な目にあっていた!

アプリを開発した株式会社コーデセブンは、セキュリティ事業を手がけており、女性向け防犯メディア『Moly.jp』も運営している会社です。

そこでの調べによると、20~30代女性の42%が路上で不安な目に遭遇したことがあると回答しています。
怖い思いや、不安な思いをしたことのある女性が、いかに多いかがわかりますね。

不安を少しでもなくしてもらいたい、犯罪被害を未然に防ぎたいという思いから開発されたのが、『Moly』です。

犯罪・防犯情報は位置情報と連動で通知してくれる

危険エリアでは通知が入る

注意が必要なエリアに入ると通知してくれる

各都道府県警や自治体から配信される犯罪・防犯情報や、ユーザーのSNS投稿の中から運営側でチェックした信頼性の高い情報を、スマートフォンの位置情報と連動させて知らせます。

事件が発生した場所の半径0.5~5km圏内に入ると、事件の内容と発生日時・対処法を通知してくれると同時に、マップ上にも表示。

例えば、「○○に不審者がいた」との情報が表示されれば、その近辺を歩く時には警戒したり、比較的安心して歩けるルートを探すといった行動をとることができますね。

これまでの事件の発生状況がマップでわかる

犯罪場所はピン表示で確認

犯罪のあった場所は2種類のピンで表示される


若い世代の女性が狙われやすい、痴漢・ひったくり・ナンパ・つきまといといった情報もいち早くキャッチできます。

『Moly』を起動すると、マップ上に緑と桃色のピンが表示されるのですが、これは緑が2週間以内、桃色が2週間以上前に事件があった場所です。

それぞれのピンをタップすれば、事件の内容と発生場所、防犯対策用のアドバイスを教えてくれますし、一覧で現在地や自宅周辺の事件状況も確認できます。

気になるエリアの情報も確認できる

広域マップで確認できる

気になるエリアの情報もわかりやすい

マップを縮小すれば、広範囲の事件発生件数がひと目でわかるので、様々なエリアの情報を知ることも可能です。

引っ越しを考えている方、特に女性やお子様のいる家庭なら、引越し先が安心して過ごせるエリアかどうかは重要なポイントといえるでしょう。

このアプリを使えば、お部屋探しの段階から、気になるエリアの事件状況を確認できますね。

対応エリアは順次拡大予定

  • 2017年6月現在、東京・千葉・大阪・福岡での利用が可能。
  • 2017年夏頃までに愛知・兵庫・京都・神奈川・埼玉での利用開始を予定。
  • その後も対応エリアを全国に拡大予定。

アプリ概要

名称:お守り防犯アプリ〜Moly〜
提供元:株式会社コーデセブン
価格:無料(現在有料機能なし)
配信日:2017年6月2日(金)
互換性:iOS9.0以降
言語:日本語
アプリ詳細情報:http://moly.jp/?p=1001
ダウンロード方法:Apple App Store内にて、キーワード検索『Moly』にて検索
ダウンロードはコチラ

防犯アプリ『Moly』で身を守ろう!

誰でも、怖い目にあったり、不安な思いをするのはイヤですよね。
危険を回避するために、そして少しでも安心して過ごせるように、『Moly』を上手に活用してみてくださいね。

ページトップへ戻る
CLOSE