MENU

出産・子育てを機に家を購入したい。家を買ってから後悔しないためのチェックポイント

こんにちは、いえーる すみかる編集部のゆずきです。

みなさんはマイホームが欲しいですか?またどんなタイミングで欲しいと思いましたか?ある程度の年齢になると、人生の様々な節目でマイホームを欲しいと思う方も多いと思います。
家を買うタイミングって、とても難しいですよね。私はいま、東京から約1時間の場所に新築の建売住宅を購入して住んでいます。「子どもが生まれる前に、家が欲しいなぁ。」と妊娠をきっかけに考えたことが購入のきっかけです。

それまではマイホームが欲しいとは思わなかったのですが、子どもを授かり、この子をどんな場所で育てたいか考えた時に、当時住んでいた便利で職場に近い場所より、自然豊かでゆったりとした場所でのんびり子どもを育てたいと思いました。
当時、私は第一子の妊娠安定期、年齢は30歳。出産後もずっと働くつもりでした。ですから子どもは保育園に入園させる必要があり、保育園に入ってからでは引越しもしづらいという点もマイホーム購入を決意したポイントでした。

もし同じように出産・子育てを機に家を買いたいと思っている方がいたら、ぜひ購入前に伝えたいと思うポイントを私の体験を元にまとめました。
家を購入した後に後悔しないために、みなさんの家探しの参考にしてみてください。

はじめに

hazime

まず私は、子どもがうるさくしても迷惑がかからないように新築・中古問わず戸建てを希望していました。家の中については、特にこだわりはありませんでした。街は、自然豊かでゆったり安全に子育てができる、子育てに対するサポートがある程度揃っている、子育てに便利な施設が家の近くに揃っている、仕事復帰した場合も通勤可能なエリアで探しました。

また、子どもは幼い頃の多くの時間を家の近くで過ごします。ですから、土地柄やその土地に暮らす住民の性格が、子どもの成長に大きく関わると思い、住民性も意識しました。この子の「地元を買う」という感覚で、家探しというよりは土地探しに近い感覚ですね。

上記の前提を踏まえて、以下が私が意識したポイントです
助成金(子育てに対する助成金の内容)
保育(共働き予定のため、子どもを保育してくれるか)
 ・待機児童数
 ・学童保育
学業(子どもが小学生以上になった時に適切な教育を与えられるか)
 ・学区内の小中学校の学校の評判、レベル
 ・通える範囲の高校・大学
 ・家の近くの塾や習い事
街や家の立地(子育てしやすい街・立地か)
 ・街のバリアフリー
 ・駅までの距離と道のり
 ・嫌悪施設
 ・自治会費
 ・家と近隣施設のハザードマップ
 ・景観
 ・都市計画
住民性・安全性(子どものお手本になる住民性か。子どもの安全性はどうか)
 ・近所の住民と、彼らの意識の高さ
周辺施設(子育てに便利な周辺施設か)
 ・公園
 ・子育て期の利用施設
 ・小児科
 ・小児救急・入院できる病院
おまけ(あったら嬉しい施設)
 ・商店街・個人商店
 ・ほっとできるお店
 ・お座敷のあるお店・テイクアウトできるお店

上から順に読んでいっても構いませんし、気になる項目を読んでもらっても構いません。
さっそく詳しく説明していきます。

助成金


money

市や区によって助成金は大きく違います。
医療費補助の助成金、保育園や私立幼稚園に対する助成金など基本的なものから、チャイルドシートの購入費助成金、子ども用に防犯ブザーを購入した人向け助成金、おむつが必要な乳幼児がいる人向け助成金、子どもを2人乗せられる自転車が欲しい保護者向け助成金など変わった助成金を用意している地域もあります。
助成金とは少し違いますが、テーマパークの年間パスポートが格安で買えるなどの特典があるところもあるようです。
自分の生活に合った助成金やサービスを提供している街で暮らせると、家計の助けになります。

保育


待機児童数

市区町村が公表している待機児童数や保育園の数は、市や区によって基準がバラバラで実はあまり参考になりません。
また同じ市区町村内でも人気のある駅や場所とそうではない駅や場所があるので、待機児童数が多いから保育園に入りづらいとは一概に言えません。ですから私は、気になる場所の近くに何件の保育園があるか、その保育園に対して何人の待機児童がいるかをチェックしました。
市や区によって異なりますが、市役所の保育課に聞くと保育園ごとの待機児童数を教えてくれる場合もありますし、Web上で公開しているところもあります。
また、近々ファミリー向けマンションが建つような場所では、今は待機児童が少ないくてもあとで急に保育園の入園倍率が増えることがあるので要注意です。
保育園は、認可保育園だけを調べるのではなく、認証、無認可の保育園もチェックすると良いでしょう。
認可保育園は家族の状況によって点数が決まり、その点数によって入れるかどうか決まりますが、認証・無認可保育園は、早い者勝ちのところもあります。
※認可、認証、無認可についての詳しい説明はこちらのサイトを参考にしてください。市や区によって、一部基準が異なります。

東京都福祉保健局 保育サービスについて 
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/hoiku/index.html

学童保育は入れるか

子どもは保育園を卒業したら小学生になります。小学校は通常は15時前には帰宅し、春・夏・冬の長期休みもあるため、共働きを続ける場合は学童保育を探す必要があります。
学区内の小学校の近くには学童保育はあるか、長期休みも対応してくれるかはチェックが必要です。
学童保育という名前ではなく、放課後ルームなどの名前で、共働きでなくても100%入れる地域もあります。
また、長期休みにはプールを解放し、午後は自習室を解放してくれる小学校もあります。

学業


学区内の小中学校の学校の評判、レベル

中学校・高校ほど大きな差はありませんが、小学校にも評判や学力の差があります。
また、都内近郊かつ再開発の地域では、都内から新しい住民の子どもが入ってきて、学校内での色々な差が生じ、風紀が乱れている場合もあると聞きました。このような情報は、地域密着型の不動産屋さんが知っているので、気になる場合は聞いてみましょう。

通える範囲内の高校大学のチェック

小学校の次は、高校・大学です。小学校は公立であれば学区内の小学校にそのまま進学しますが、高校・大学は子ども自身が未来を見据え選びます。ですから子どもが通える範囲内に色々な種類の学校があれば選択肢が広がります。
学力のレベル、種類(私立・公立、文系・理系・技術系など)ともに満遍なくあることが理想です。
大学は国立大学もあると理想的です。
ここで、注意して欲しいのが学校までの交通費です。
会社員と違い、学生の交通費は家庭から出します。都内は交通網も多く、交通費も安いと思いますが、都内以外の場合交通費がとても高かったり、通学に不便だったりします。特に千葉は、都内には出やすいけれど、とても電車賃が高い路線が複数通っているので要注意です。

塾や習い事

小学生になると塾や習い事に通わせる機会があります。
低学年の頃は親が送り迎えすると思いますが、中学年以降になると子どもだけで通うことも多くなります。
特に高学年の塾は夜遅くに帰る機会が多いので、家から近く、子どもが通いやすい場所にあると安心です。

街や家の立地


machi

街のバリアフリー

子どもが幼い頃は、ベビーカーでの移動がほとんど。
子どもが2人になると、1人はベビーカー、もう1人は手を繋いで歩くというケースも増えてきます。
ちょっとの散歩でも、オムツに着替えと荷物は大量・・・とてもじゃないけど、ベビーカーを畳んで移動することはできないので、普段行動するエリアのバリアフリーは重要です。
具体的は、道のアップダウン・段差はないか、信号・歩道は整備されているか、駅にエレベータが付いているか(ホームまで)などです。
また子どもが通う小学校までの道のりも同様に、信号や歩道が整備されているかを確認しましょう。
また、とても車通りが多いのに歩道がない道は、通るたびに不安を抱えてしまいます。必ず実際に歩いて確認ましょう。

駅までの距離と道のり

駅に近ければ良いのですが、様々な事情で駅から少し離れたエリアを検討することもあるでしょう。バスを利用しなければならない距離は避けたほうが無難かもしれません。子育て期のバスはとても大変です。ノンステップバスが通るエリアならまだ良いですが、普通のバスの場合、ベビーカーをたたみ、荷物を持ち、子どもを抱っこし、階段を登り、お金を払わなければいけません。駅に行くのにバスの利用が必須の場合、駅の利用頻度、バスの種類などを確認してからの検討をおすすめします。
また、駅までは自転車や車を利用するから大丈夫!という方は、駅の駐輪場等の状況も確認しておきましょう。
駅前の駐輪場はとても人気で、申し込みができない場合が多々あります。また、申し込み期間は1年に1回で抽選の場合もあります。
引っ越してみたら駐輪場が申し込めなかったとならないように、事前に確認しましょう。

嫌悪施設

家の周辺には嫌悪施設が少ないに越したことはありません。
具体的にいうと、風俗、治安の良くないゲームセンター、パチンコ屋さん、居酒屋さんなどです。
1つもないのは無理ですし、少々あるぐらいならあまり影響ありませんが、小学校や塾の近くや帰り道にたくさんある場合や子どもが溜まっている場合などは慎重に検討しましょう。

自治会費

自治会への参加は任意ですが、子どもを育てるのであれば入ることをおすすめします。
お祭りや自治会でのイベントなど、子どもが楽しめるイベントが多いですし、街の改善にも貢献できるからです。
自治会費は自治会によって大きく変わります。ほとんどの地域では数百円程度ですが、家一軒あたりにかかる場合、子ども一人にかかる場合など様々です。
たかが月々数百円ですが、払い続けると大きな金額になっていくので、事前に確認しましょう。
自治会費は地元の不動産屋さんに聞くと知っていることがあります。

家と近隣施設のハザードマップ

自分が家を買う土地のハザードマップを見ることはもちろんですが、子どもが通う保育園や小学校、公園のハザードマップも確認しましょう。地震等の災害はいつ起こるかわかりません。子どもが小学校に行っている間や、子どもが公園で遊んでいる間に災害がおこるかもしれません。子どもが長い時間いるであろう場所の安全性を事前に確認し、子どもの安全を高めましょう。

景観

街の景観が悪いと街の治安が悪い可能性があります。
例えば、古びた空き家が多い、完成予定のない工事現場がある、庭が雑草だらけの家が多い、外壁等に落書きがあるなどの特徴の街は、良くない方が溜まったり、泥棒に入られやすい傾向にあるようです。

都市計画

多くの街には、将来こんな街にするよ、こんなこと改善していくよ、という都市計画があります。
今は何もないけれど今後発展させて行く計画があったり、自然の豊かな街でこれからも保護して行く計画があったりなど、様々な計画が書かれています。
今後、自分の暮らす街はどのような街になって行くのか参考にしてみましょう。

住民性・安全性


anzen

近所の住民と彼らの意識

子どもがいないときは近所との関係が希薄だった人も、子どもが生まれると近所との付き合いが変わります。そのため、近所の住民がどんな方々なのかは子育てに大きく影響します。
引っ越し前に性格が合うかまでは確認できませんが、専業主婦が多い、年齢は高齢者が多いなどおおよその確認はできます。
私の理想は、共働きも専業主婦も満遍なくいて、年齢層も幅広いことでした。
自分が共働きなのに専業主婦が多い街で暮らすと、母親が仕事をすることについて理解を得づらかったり、みんなで集まるときは平日になってしまい、周りとなじみにくくなったりすると考えたからです。
また、住民が高齢者ばかりだと、近所の友達ができづらく、地域の改善やイベントも高齢者に偏った内容になるかもしれません。
朝や夕方、街を歩いてみて、立ち話の方の多さや出会う方の年齢を確認してみてください。
合わせて、新住民の割合も要チェックです。あまりにも新住民が少ない地域だと、閉鎖的で新しい住民を受け入れづらい方が多いかもしれません。
現在建設中の家があるか、新しい家があるかなどを不動産屋さんに聞いてみてもよいでしょう。

また、街の景観とも関係しますが、住民の意識が高い街は、犯罪率が低い(良くない人が集まりにくい)と言われていいます。子どもお手本ともなる方も多いでしょう。駅前や近くの商店街の自転車の並べ方が汚い、ゴミ捨て場が汚い、ポイ捨てが多いなど、自分の街を綺麗にする意識が低い、ルールを守れない街は、住民の意識が低い可能性があります。

住民の意識の高さ

街の景観とも関係しますが、住民の意識が高い街は、犯罪率が低い(良くない人が集まりにくい)と言われているのと、子どもお手本ともなるため良いことが多いです。
駅前や近くの商店街の自転車の並べ方が汚い、ゴミ捨て場が汚い、ポイ捨てが多いなど、自分の街を綺麗にする意識が低い、ルールを守れない街は、住民の意識が低い可能性があるため、要注意です。

周辺施設


shisethu

公園

子育ての時期は、徒歩圏内の公園が重宝します。少し遠い大きい公園も大切ですが、家から数分でいける手頃なサイズの公園の有無も確認しましょう。
小さい子どもはいつも公園に行きたがりますし、全力で公園で遊んで帰る力が残っておらず、抱いて帰らないといけないこともあります。
また予期せぬアクシデントが起こることもあるので、近場の公園だと安心できます。
ただ、小さい公園は大手地図にはのってないことも多くあるので、周辺を歩いて探してみましょう。

※すみかるでは、東京23区内の公園探しにおすすめな公園マップを紹介しています。
公園が近いお家を探しているパパママ必見!地図サイトには載っていない公園まで掲載した地図ツール”ろけすた公園マップ”登場
http://sumikaru.iyell.jp/rokesuta/

子育て期の利用施設

子どもが生まれると役所や公共の施設を利用する機会が増えます。
子どもの絵本を借りたり、読み聞かせや遊びにいったり、ママ友を探したりと、図書館や児童館に行く機会や育児の悩みや健康診断等で保健センターに行くことも増えます。
子どもを連れて行動するととにかく大変なので、子育て期、特に子どもが幼少期によく行く施設は家の徒歩圏内にあると助かります。

小児科

幼少期は病気になりがちです。特に保育園に通わせる場合は、毎日と言ってもいいくらいに、色々な病気になります。そして、色々なところで怪我をします。
大人なら病院が休みなら明日まで待とうと思えることが多いですが、子どもが小さいとそうは思えません。ですから、休診日が重ならない複数の小児科が徒歩圏内にあると安心します。
また、小児科では育児相談などを受け付けているところもあり、診てもらったついでに悩んでいることを相談できます。小児科の先生はとても心強い相談相手になってくれますので、先生とお母さんとの相性も重要です。
話しやすい、悩みに丁寧に答えてくれるなど、自分にあった小児科を探してみてはいかがでしょうか?

小児救急・入院対応できる病院

すこし大きめの怪我をした時や小児科の診療時間外に子どもの体調が悪くなることもあります。その場合、小児救急を対応した病院に行くことも多いです。
また、小児科で対応できないような病気になった場合は、小児入院を対応している病院に行きます。
この小児救急や小児入院を対応した病院は、実はとても少ないです。
お世話にならないことが一番ですが、もし何かがあった時に遠いと大変困ります。
そういった病院が近くにあれば安心ですし、病院の近くに住むことが難しければどこにあるか、交通手段はどうなるのか等は調べておきましょう。

おまけ、あったら嬉しい施設


商店街・個人商店

共働きで子どもがいない時代はネットスーパーのまとめ買いが多いですが、子どもが生まれるとそんなに必要性を感じなかったドラッグストアによく行くことになります。
ネットスーパーでは届くのに最短1日以上はかかることが多く今すぐ欲しいものが手に入れられないことや、まとめ売りが多く少量ずつ買いたい時には合いません。子どもはすぐ成長してしまいますし、家に全てのストックを置くのが困難なため、ネットスーパーではなく、ドラックストアを利用する機会が増えます。
おむつ、粉ミルク、離乳食、子どものおやつ、子どもの飲み物、育児便利グッズなどなど、日々必要なものはたくさんります。ドラッグストアもしくは、ドラッグストアが併設されたスーパーが家の近くにあると便利です。

また、子どもの食べるものにも気を使います。子どもと目で見て買い物ができる楽しさ、食育も兼ねて、商店街や個人商店が家の近くにあると楽しいかもしれません。

ほっとできるお店

子どもがいる友人に聞くと、家の近くに欲しいお店の上位に上がってくるのがカフェや本屋。
共通しているのは気楽に入れてほっとできる自分だけのお店という点です。
子育てをしていると、めまぐるしく1日が過ぎ去り、友達とオシャレして遠出という機会は激減します。
家事や買い物の隙間時間に、子どもが寝てる隙に、気楽に入れて自分の時間がとれるお店が家の近くにあると、日々の生活がより良くなると思います。

お座敷のある店、テイクアウトできる店

子どもが生まれると、外食から足が遠のきます。
ご飯を作りたくないし、美味しいものは食べたいけど、子どもが騒いだらと思うと外食する気が無くなるのです。
そんな時、家の近くにお座敷のある子どもOKのお店かテイクアウトができるお店があると、とても重宝します。
お座敷があるお店は、子どもがある程度自由に動けるため、騒ぐリスクが減ります。
美味しいご飯をテイクアウトして、家で食べられれば、周りの目は全く気にならないので、ストレスなく食事ができます。

まとめ

matome

いかがでしょうか?
今回は、出産・子育てを機に家を購入する場合、どんなことをポイントに家を探すのかを考えてみましたが、こんなにたくさんの条件があがります。
もう少し大きな子どもを育てている家庭だったら希望する条件は大きく異なってきますし、これがシニア世代だったら、DINKS家庭だったら、となると全く違う条件になると思います。
家は一度買ったら、一生ものという考えを持つ方が多いと思いますが、家庭の状況によってこんなに大きく条件がかわるのであれば、状況によって家を住み替えることを検討しても良いかもしれません。

また、子どもは、いつまでも小さくありません。
子どもの生活を中心にして買うのも良いですが、自分自身が心地よい、ここに住みたいという気持ちを1番大切にして下さい。
親が満足してニコニコ笑顔でいることを子ども望んでいます。
みなさんが笑顔で幸せに暮らすことのできる家が見つかることを願っています。

あなたにおすすめ記事

銀座コージーコーナーから新発売される夏季限定カップデザート「Wゼリー」4種

夏のお手土産にいかが?銀座コージーコーナーから「Wゼ...

  • ライフスタイル
梅雨は好き?

梅雨の日どう過ごす?2017年の梅雨事情と雨の日の過...

  • ライフスタイル
「トリップトラップ」2017年新作ラインナップ

大人気ストッケから新色ベビーチェア登場!赤ちゃんと一...

  • ライフスタイル
みんなでワイワイ!たのしいBBQ

BBQを楽しむために知っておきたい会場選びのポイント...

  • ライフスタイル
ページトップへ戻る
CLOSE