MENU

今日から試してみたい!幸運を呼び込む風水インテリアとは?

lime-1511893_1280

風水はおまじないではなく、快適に過ごすために物をどう配置したらいいか説いているものです。
昔からの知恵は現代にも生きるもので、家庭にも簡単に取り入れられることがたくさんあります。
幸運を呼び込むインテリアを今日から試してみませんか?

風水インテリアの基礎知識

・古代中国に起源
風水は、古くから中国に伝わるもので、都市づくりなどに活用されてきました。
日本では京の都や、江戸城があった今の皇居などは風水に基づいて配置されていると言われています。

・日本で独自に発展
風水は古代の中国から日本に伝わり、日本で独自に発展をしてきました。
その中には家相や気学などの思想が取り入れられ、暮らしやすい生活の知恵が取り込まれています。
そのため、風水インテリアを取り入れると、いい気が家に集まって来るだけでなく、快適に過ごすことができるようになります。

・風水インテリアの基本的な考え方
風水インテリアは、前提として整理整頓と清潔感がポイントになります。
不要なものを処分し、整理整頓をきちんとし、掃除をすることによって清潔感を保つ…これをして初めていい気が家に入って来やすくなるんです。
これをせずにあれこれ風水インテリアを取り入れたとしても効果はほとんどないので気をつけましょう。

・朝、カーテンを開けて換気をする
風水では、気の流れが重要になってきます。
朝にカーテンを開け太陽の光を浴び、窓を開け換気をすることで新鮮な空気を家の中に取り入れます。
こうすることでいい気が窓から入って来ます。

観葉植物で運気アップ

・運気を持つアイテム
幸運を呼び込むアイテムとして観葉植物があります。
観葉植物は、運気を持っているだけでなく悪い気を吸収してくれる風水の幸運アイテムのひとつだとされています。
風水では、植物を「陽」の気を持つものと「陰」の気を持つものに分けています。
適切な場所に置くと運気がアップすると言われています。

・葉の形によって効果が異なる
観葉植物の葉の形によって風水の効果が異なると言われています。
細くとがった葉は、鋭い気を発します。
これに対して丸い形の葉は穏やかな気を発しますのでリラックス効果が得られると言います。

・葉の向きにも違いがある
観葉植物の葉の向きが上向きだと「陽」の気を持つため、活発化する効果があり、下向きだと「陰」の気を持つため、鎮静作用があるとされています。

・例えばこんなふうに
例えば気が入って来る玄関には、「陽」の気を持ち、鋭くとがった葉の観葉植物を置くといいでしょう。
これは、いい気を受け入れるとともに、悪い気を追い払う効果があるためです。
電化製品の近くからは悪い気が発生しやすいとされていますので、リビングのテレビの横に観葉植物を置くのもいいでしょう。

NGな観葉植物

残念ながら風水的には置かない方がいい観葉植物もあります。
それは、サボテンなどのトゲのあるものです。
トゲは悪い気だけでなくいい気も遠ざけてしまうと言われているからです。

また、枯らしてしまった場合は、いつまでも置いておかないようにしましょう。
枯れたものは気を発しないばかりか運気が下がってしまうからです。

■万年使えるインテリア風水テクニック

・インテリアを統一させる
今からでも使えるインテリア風水テクニックは、まず、インテリアの素材感や色を統一させることから始めましょう。
色はモノトーンではなく、優しい色を選ぶようにしましょう。
目に入ってくるものが無意識のうちに働きかけますので、落ちつくものにするといいでしょう。
家具の高さをそろえるのもいいでしょう。

・間接照明を活用
間接照明を利用するのもテクニックのひとつです。間接照明は太陽の代わりとなります。
リビングではゆったりできる暖かみのある間接照明を利用すると安らぎを得られるでしょう。

・家族が集まる場所にする
リビングを家族が集まる場所にすることによって、いい気がリビングに集まり、家庭運がアップします。
リビングを通らないと各自の部屋に行けない、各自の部屋は寝るだけの場所にしてリビングに家族が集うようにするのが運気アップにおすすめです。

幸運をアップさせる風水インテリアは、居心地のいい快適空間をつくることと似ています。
まずは整理整頓や掃除から始めてみませんか?

あなたにおすすめ記事

オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 家選び

【体験談】購入前の建売住宅をホームインスペクターに診...

  • 編集部まとめ
ページトップへ戻る
CLOSE