MENU

狭いLDKでも工夫次第で広くなる!くつろげるダイニングテーブル「hidamari 寛ぎダイニング」

sub2
部屋が狭い日本の住宅。
もっと広かったらいいのに、こんなに狭かったらごちゃごちゃしておしゃれな部屋にできない。と、諦めていませんか?

ポイントを押さえて、狭いけどスッキリしていて、おしゃれに見える部屋にするための工夫をしましょう。

狭い部屋を広く見せるポイントは、
・背の低い家具で揃え、視線が抜けるようにする。
・家具のテイストを統一し、すっきりみせる。
・長いカーテンを使い、天井を高く見せる。
・本当に必要な家具だけを選ぶ。
など、たくさんあります。

今回は、リビング・ダイニングの中でも多くの場所をとる、食事をするダイニングテーブルとくつろげるソファーに注目しました。
思い切って、どちらか一つにできれば良いのですが、どちらも大切というあなたにおすすめなのが、くつろげるダイニングテーブル「hidamari 寛ぎダイニング」です。

main

hidamari 寛ぎダイニング

ここ数年、ニューファミリーが住む家のリビングスペースがコンパクトになるにつれ、「リビング」と「ダイニング」の空間の境目が曖昧に。そのような空間にフィットする、今ままでにない「寛ぎ」の時間と空間を届けたいという思いから、hidamari 寛ぎダイニングが生まれました。
食事するのもよし、脚を伸ばしてリラックスするのもよし、子供の宿題を手伝ってもよし。とっても自由な時間を提供してくれるリビングダイニングセットです。

sub3

特徴

これまでのリビングダイニング製品にはない大きな特徴。
1. チェアの背もたれがリクライニングできる = 座った時の姿勢の自由度が高い
2. チェアやオットマンの組み合わせが自由 = 家の広さや好みに合わせて柔軟なスタイルを提供
3. チェアやオットマン用の連結プレート = プレート使用でチェアやオットマンをくっつけたり離したりすることが可能
4.チェア及びオットマンのカバーは洗濯可能

sub4

商品詳細

sub7
<カラー>BLUE / GRAY / GREEN / ORANGE

sub6

<机のサイズ>
*幅が130cmと150cmの2種類
表材:オーク(突板)
芯材:バーチ(合板)
天板:ウレタン/ラッカー塗装
サイズ:130(150)×80×60 cm

<仕様・チェア&オットマン>
本体:スチール、ウレタン
カバー:ポリエステル
脚(表材):オーク(突板)
脚(芯材):バーチ(合板)
機能:チェアの背もたれは7段階のリクライニング、座面にSバネを採用
サイズ(肘なしチェア):
56×74×82 cm
サイズ(肘ありチェア):
66×74×82 cm
サイズ(オットマン):
56×49×42 cm
sub5

<参考価格(税込)>
93,700〜133,500円
*チェア4脚とした場合
*価格はテーブル/チェア/オットマンの組み合わせによリます
sub1
<販売会社>
明光ホームテック株式会社
岐阜県各務原市那加北洞町 2丁目326
TEL: 058-382-6155
http://www.meiko1963.com/
Facebook: meiko1963

関連タグ

あなたにおすすめ記事

犬と猫の中央にスマイルマーク

ウチの子に必要なのはどんな保険? もしもに備える「正...

  • ライフスタイル
オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
アクティブシニア向けのウォーキングシューズ

履いて、歩いて健康寿命を伸ばす「LOCOXワイドステ...

  • ライフスタイル
ボーダーの服着た茶色い小型犬

マンションでペットを飼いたい人に知ってほしい!「ペッ...

  • ライフスタイル
ページトップへ戻る
CLOSE