MENU
フラット35 金利

フラット35の金利を銀行別に徹底比較!一番お得な銀行は?!

フラット35 金利

家の購入を検討中の方はフラット35という住宅ローンを耳にしたことがあると思います。フラット35とは民間金融機関と独立行政法人である住宅金融支援機構が提携して提供している全期間固定金利の住宅ローンです。同じ「フラット35」という名前でも、取り扱っている会社によって金利やその他のサービス内容が異なるので、よく検討することが大切です。

フラット35の特長

固定金利で安心!

住宅ローンの金利には、随時変動するもの、一定期間は変動しないがその後変動するもの、全期間金利が変わらないものの3種類あります。フラット35は最長35年の全期間固定型です。資金の受け取り時に、返済終了までの借入金利・返済額が確定するので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。返済中に市場金利が上昇した場合は、資金受け取り時に確定した借入金利で返済を継続できるのでお得です。その一方、市場金利が低下した場合は、それより高い利率で返済を続けなければいけないリスクもあります。

購入物件によって金利引下げがある

フラット35で借入をする際は、住宅金融支援機構で定めた技術基準に基づく物件検査※を実施します。省エネルギー性・耐震性等、質の高い住宅を購入する場合には、通常のフラット35ではなく、金利が一定期間割り引きになる「フラット35S」または「フラット35リノベ」を利用できます。金利の引下げ幅はその時々で違いますが本記事執筆時点(2017年2月)では最大10年間0.6%もお得になります。

保証料0円、繰上返済手数料0円

一般的な民間金融機関のローンを借りる際に初期費用としてかかる保証料が、フラット35では無料です。(ただし事務手数料はかかりますので、総額では保証料と同等の支払いになる場合があります。)
また、繰り上げ返済を行う際も手数料は無料です。

団信の加入が任意。加入する場合は3大疾病付や夫婦で入れる

一般的な銀行の住宅ローンは団信に必ず加入しなければいけませんが、フラット35では団信の加入が任意です。
また、収入合算をしていたとしても住宅ローンの契約者本人しか通常は加入できませんが、フラット35なら夫婦2人で団信に加入できるデュエットという制度があります。夫婦で加入した場合、夫婦のどちらかに万が一のことがあれば、住宅ローンの持分や返済額にかかわらず、残高がすべて弁済されます。
さらに、3大疾病保障などのオプションも付けられますので検討してみてください。

団信について詳しくはこちら

フラット35にはどんな銀行、商品がある?

フラット35は数多くの金融機関で取扱いされています。すべてではありませんが下記に記載します。ここに記載がなくても、だいたいの銀行や信金等で取扱いがあると思って間違いありません。
詳しく知りたい方は住宅金融支援機構HPのウェブサイトをご確認ください。

≪取扱金融機関≫

都市銀行・信託銀行・その他銀行 みずほ銀行、りそな銀行、三井住友銀行、埼玉りそな銀行、三井住友信託銀行、イオン銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行
地方銀行 北海道銀行、青森銀行、みちのく銀行、秋田銀行、北都銀行、荘内銀行、山形銀行、岩手銀行、東北銀行、七十七銀行、東邦銀行、群馬銀行、足利銀行、常陽銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、東京都民銀行、横浜銀行、第四銀行、北越銀行、山梨中央銀行、八十二銀行、北陸銀行、富山銀行、北國銀行、福井銀行、静岡銀行、スルガ銀行、清水銀行、大垣共立銀行、十六銀行、三重銀行、百五銀行、滋賀銀行、京都銀行、近畿大阪銀行、池田泉州銀行、南都銀行、紀陽銀行、但馬銀行、鳥取銀行、山陰合同銀行、中国銀行、広島銀行、山口銀行、阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行、福岡銀行、筑邦銀行、佐賀銀行、十八銀行、親和銀行、肥後銀行、大分銀行、宮崎銀行、鹿児島銀行、琉球銀行、沖縄銀行、西日本シティ銀行、北九州銀行
第二地方銀行 北洋銀行、きらやか銀行、北日本銀行、仙台銀行、福島銀行、大東銀行、東和銀行、栃木銀行、京葉銀行、東日本銀行、神奈川銀行、大光銀行、長野銀行、富山第一銀行、福邦銀行・・・・etc
信用金庫 札幌信用金庫、盛岡信用金庫、福島信用金庫、川口信用金庫、千葉信用金庫、横浜信用金庫・・・etc
信用組合 いわき信用組合、山梨県民信用組合、長野県信用組合、広島県信用組合・・・etc
労働金庫 北海道労働金庫、東北労働金庫、中央労働金庫・・・etc
信農連 愛知県信用農業協同組合連合会・・・etc
保険会社・モーゲージバンク等 三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、協同住宅ローン、日本住宅ローン、アルヒ株式会社・・・etc

≪取扱商品≫
「フラット35」「フラット35S」はどこの金融機関でも取り扱っていますが、その他の商品については一部の金融機関では取り扱っていませんので事前に各金融機関に問い合わせておきましょう。

  • 【フラット35】:全期間固定金利の住宅ローンです。
  • 「フラット35】S:フラット35の申込者が、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得する場合に、フラット35の借入金利を一定期間引き下げる制度です。
  • 【フラット35】借換:住宅ローンのお借り換えの方向けの住宅ローン。フラット35からフラット35への借り換えも可能です。
  • 機構住み替え支援ローン:一般財団法人高齢者住宅財団による保証を活用し住宅借上事業を実施している法人が顧客の現在所有している住宅を借上げることを前提に、新たに顧客自身で住む住宅を取得するためのローンです。
  • 【フラット35(保証型)】:金融機関が提供する住宅ローンに対して住宅金融支援機構が保険を引き受けることにより実現した「長期固定金利の住宅ローン」です。

商品別の金利その他の特徴比較(2017年2月調べ)

金利(35年9割融資) 融資手数料(税抜) 繰上返済手数料 その他特徴
楽天銀行 1.10% 借入額×1.0% 0円
  • 来店不要。WEBと郵送で申込から実行まで対応可。
  • 住宅ローンの借り入れを行うと、ATM手数料が毎月5回まで無料になる他、楽天スーパーポイントが通常の3倍貯まるハッピープログラムのVIP会員に最長2年間登録できる。
  • 店頭での相談窓口はない。
  • 楽天銀行以外を住宅ローンの返済口座にご指定した場合、融資手数料は借入額×1.3%となる。
住信SBIネット銀行 1.10% 借入額×2.0% 0円
  • 来店不要。WEBと郵送で申込から実行まで対応可。
  • 8疾病保障を、0.5%の上乗せ金利で利用できる。
  • 返済用口座は住信ネット銀行のみ。
  • 店頭での窓口相談はない。
ARUHI 1.10% 借入額×2.0% 0円
  • 全国に店舗網を持ち、対面相談ができる。
  • 8疾病保障特約や失業保障特約、AIU火災保険の20%割引加入など付帯保険が充実。
日本住宅ローン 標準タイプ:1.26% 30,000円 0円 借入当初の費用を抑えることができるタイプ。
特約スーパーまいど:1.10% 借入額×1.42% 0円 金利が低くなるかわりに手数料を先払いするタイプ。
積水ハウス・大和ハウス工業・住友林業・セキスイハイム・日立キャピタルが「マイホーム取得という夢を多くの人に実現する」という理念のもとに共同出資し、提供している。
財形住宅金融  手数料定額型:1.20% 20,000円(財形住宅融資※と併用すると10,000円) 0円 金利が高くなる代わりに融資手数料が割安になるタイプ。
※財形住宅融資:財形住宅融資は申込み時に当初5年間の金利が決まり、以降、5年ごとに金利見直しをする住宅ローン。最高4,000万円で財形貯蓄残高の10倍まで借入れが可能。適用金利は、財住金ではなく、独立行政法人勤労者退職金共済機構が決定している。”
手数料定率型:1.10% 借入額×1.0% 0円 金利が低くなる代わりに定率の融資手数料がかかるタイプ。
  • 厚生労働大臣登録の福利厚生会社「財形住宅金融」が提供している。
  • お勤め先の福利厚生を有効活用した住宅ローンの組み方ができる。
旭化成モーゲージ K1コース(手数料定額型):1.25% 50,000円 0円 金利が高くなる代わりに融資手数料が定額になるタイプ
K3コース(手数料定率型):1.10% 借入額×1.4% 0円 金利が低くなる代わりに融資手数料が定率になるタイプ
大手住宅メーカー「へーベルハウス」を利用するユーザー向けに提供されている。
みずほ銀行 手数料定額型:1.32% 30,000円 0円 金利が高くなる代わりに融資手数料が定額になるタイプ
手数料定率型:1.10% 1.70% 0円 金利が低くなる代わりに融資手数料が定率になるタイプ
  • 取扱金額銀行No.1。(モーゲージバンク等を除く)
  • メガバンクという信頼感あり

金利が低くなる代わりに手数料が定率となり当初費用が高くなる「手数料定率タイプ」では、金利に差がないところが多いようです。一方、金利が高くなる代わりに手数料が定額となり当初費用が低くなる「手数料定額タイプ」では各社に差が出ます。どちらがいいか悪いかは状況によって違いますが、そのときの家計の状況等に応じて複数のタイプから選べるのがありがたいですね!

まとめ

それぞれ特徴があるので悩んでしまうかと思いますが、どの金融機関も相談は無料なのでいくつか行ってみるのがよいでしょう。しかし、いざ家を購入しようというタイミングはあわただしくてそんな余裕がない人が多いようです。まだ家を買うと決めていない状態でも相談にはのってもらえますし、強引な営業をされることもないので、マイホームを買おうか検討を始めたくらいで、一度相談に行ってみることをお勧めします。知識が増えることは今後の住宅購入にもプラスになるはずです。

文:山下サラ

関連タグ

あなたにおすすめ記事

住宅ローン審査の通りやすさは物件によって変わる。戸建...

  • 住宅ローン
住宅ローンのフラット35と団信が1つに

住宅ローンのフラット35と団信が1つになって生まれ変...

  • 住宅ローン
デイトレーダーでも住宅ローンは可能

諦めるのはまだ早い。デイトレーダーや自己破産履歴があ...

  • 住宅ローン
フラット35の団信は任意

フラット35の団信(機構団信)は任意。機構団信のメリ...

  • 住宅ローン
ページトップへ戻る
CLOSE