MENU
DDTプロレス外国人寮

2017/04/28

プロレスファン必見!DDTプロレスリングのレトロで不思議な選手寮に突撃!!

DDTの外国人プロレスラーの選手寮
テレビ番組で頻繁に特集されるなど、プロレスブームが再燃してきていますが、現役プロレスラーがどんな生活をしているか気になりませんか。
住生活マガジン「いえーる すみかる」を運営するiYell株式会社は、主要プロレス団体の1つであるDDTプロレスリングのスポンサーをしています。
今回はDDTのレトロでふしぎ不思議な選手寮に編集部が突撃取材をしてきました。スポンサーをしている「いえーる すみかる」だからこそ許されたDDT全面協力のもと、現役プロレスラーの知られざるディープな住生活をお伝えします。

DDTプロレスリングとは

お宅訪問の前にDDTプロレスリングの説明をしておきましょう。
DDTプロレスリングとは1997年に旗揚げしたプロレス団体で、DDTはDramatic Dream Teamの略であります。
ゴリゴリの体育会系だった従来のプロレス団体とは一線を画して、これまでのプロレスの常識に全く囚われないエンターテインメント性あふれるDDTのスタイルは「文化系プロレス」と呼ばれています。プロレス史上類を見ない「プロレスをバカ正直に拡大解釈したらこうなった」という世界観が、多くのコアなファンを生み続けています。

DDTプロレスリングの外国人レスラー向け選手寮

今回お邪魔したのは、いくつかあるDDTの選手寮のなかでも外国人レスラー専用の寮です。
都内東部に位置し、最寄り駅から徒歩20分ほどの戸建てで、築年数は約50年と推定しました。

選手寮の住人をご紹介

現在この寮には4人が居住しています。
うち2人はDDTプロレスリングが発足した「若い力が主人公となる新プロジェクトDNA」所属のレッカ選手ワンチューロ選手
もう2人が、世界中を回っているインターナショナルレスラーのマイク・ベイリー選手ジョーイ・ライアン選手。ベイリー選手とライアン選手は来日時のみ滞在しています。
そして、なんとこの選手寮には、日本で1番有名な外国人プロレスラーと言っても過言ではないケニー・オメガ選手も過去には住んでいたそうです。

レッカ選手

レッカ

プロフィール
2013年から沖縄の琉球ドラゴンプロレスに不定期ながら参戦。2016年11月20日のDDT台湾大会開催を聞きつけ「力になりたい。そしてもっと日本でプロレスがやりたい」との理由で、4月1日付けでDNAと新台湾プロレスのダブル所属となった。その台湾大会は大成功を収め、リング上では涙を見せた。
新生DNAでは寮で寝食をともにしているワンチューロと「ヤングドーナツ」を結成。

身長/体重:175cm/84kg
生年月日:1984年9月11日
血液型:O型
出身地:台湾・台北
得意技:飛びつき腕ひしぎ逆十字固め
入場曲:Sweetest vengeance

ワンチューロ選手

ワンチューロ

プロフィール
母国チリの日本学校に通うほど日本の文化が好きで、日本のプロレスにも精通していたことから、ディック東郷がボリビア遠征した際に通訳を務めた。これがきっかけでプロレス留学生として昨年来日。教員免許取得のために一時帰国していたが、11月に再来日し、現在はDNAに加入。
寮で寝食をともにしているレッカとタッグを組み「ヤングドーナツ」として新生DNAマットで奮闘している。

身長/体重:175cm/80kg
生年月日:1987年9月16日
血液型:B型
出身地:チリ・ランカグア
得意技:ワンチューロ・イメ―ディオ、ジェイジョスクラッチ
入場曲:Andai Patiando Sobaco

マイク・ベイリー選手

マイク・ベイリー

プロフィール
バックボーンのテコンドーは黒帯の実力者。ハイフライムーブと鋭い打撃を武器に世界を股にかけて活躍。
満を持して2016年8月に初来日を果たすと、噂通りの実力を発揮し、10月開催のDNA‐GP制覇、12月のKO-Dタッグ戴冠、翌年の1・3後楽園大会ではHARASHIMAの持つKO-D無差別級王座にも挑戦し、高い評価を得た。

身長/体重:173cm/79kg
生年月日:1990年7月16日
出身地:カナダ・オンタリオ州オタワ
得意技:シューティングスター・ダブル・ニードロップ
入場曲:Brass Monkey

ジョーイ・ライアン選手

ジョーイ・ライアン

プロフィール
アメリカのインディー団体「PWG(プロレスリング・ゲリラ)」の設立メンバー“オリジナルシックス”の一人。PWG世界王座、PWG世界タッグ、2010年バトル・オブ・ロサンゼルス優勝のほかROHやTNAにも参戦経験がある“米インディー界の超大物”。リング上ではキャンディーを口にくわえ、オイルを濃い胸毛に塗りたくるパフォーマンスが特徴。

身長/体重: 178cm/95kg
生年月日:1979年11月7日
出身地:カリフォルニア州ロサンゼルス
得意技:マスタッシュライド、ペディグリー
入場曲:Escape

いざ突撃!!

建物に入る前の外観から何ともすごい不思議な見た目です。なんか家が2つくっついているような…?
現役プロレスターのお宅ということもあり、ちょっと中に入るのが怖い…
しかし折角の機会なので勇気を振り絞って、いざ突入します。

リビングルーム

突入してみました。

何と!?
外国人選手がこたつでくつろいでいます…

リビングルーム

違和感がありますが、すごい馴染んでいる気もします。
想像していたより、ほのぼのとしたアットホーム感が満載です。
リング上とは違いリラックスしていたプロレスラーの皆さんですが、ベンチプレス用のベンチがあったりプロテインがたっぷりストックされたりなど、プロレスラーらしい一面も垣間見えます。

キッチン

キッチン

プロレスラー4人暮らしにもかかわらず、整理整頓されています。
一通り調味料が揃っており、料理もされているようですね。
やはり体が資本のプロレスラー、自分の体調管理にも気遣っているように見受けられました。

トイレ

続いてトイレに入ってみます。

トイレ

……めっちゃ小さいです。

レッカ
「小さすぎてトイレのドアがいつも閉まらないんですよ~ハハハ」

しかし、シェア生活でも特に気にならないそう。
さすがプロレスラー、豪快ですね!

お風呂

お風呂
元々バランス釜だったものが、壊れて、修理したそうです。
タイルが昭和の懐かしい雰囲気を感じさせてくれます。風呂場は掃除道具が用意されていて、とても清潔でした。

ふしぎな通路システム

行き止まりの窓まで行ったときに、ベイリー選手がニヤニヤしながら話し掛けてくれました。

ベイリー
「窓を空けてみてください」

「何ですか、このシステム!?」
窓を開けると隣の部屋が出現?…というより隣の家とつながっています!
いつもの住生活スタイルを伺うと毎回窓をまたいで、隣の部屋へ移動しているようです。

マイク・ベイリー選手の部屋
窓をまたいで隣の建物に移動すると、マイク・ベイリー選手の部屋に到達出来ました。

とにかく寒い

「選手寮に住んでいて大変な所は?」とお聞きすると、全員が口をそろえて…

「寒い!!!!!」

「とにかく、寒い!!!!!」

推定築50年のレトロなお宅ということもあり、冬場はかなり冷え込むようです。
それでも全員が同じコメント

レッカ「全然耐えられる!」

ワンチューロ「全然耐えられる!!」

マイク・ベイリー「全然耐えられる!!!」

ジョーイ・ライアン「全然耐えられる!!!!」

…めちゃくちゃワイルドです。プロレスっぽいご対応、ありがとうございました。
さすがプロレスラーですね。とってもカッコよかったです。

選手寮で気に入っている点は何ですか?

DNAで奮闘しているヤングドーナツの2人に、外国人レスラー寮に住んで良かった所をお聞きしました。

レッカ&ワンチューロ
「立地がとても便利なんですよ!トレーニングジムや試合会場の後楽園まで電車1本で行けるので、試合や練習に集中することが出来ています。」

特に選手寮に住んで良かった点を熱く語ってくれたのが、DDTに海外から参戦している「マイク・ベイリー選手」と「ジョーイ・ライアン選手」。

マイク・ベイリー
「世界を回っているとプロモーターさんにホテルを用意してもらえることが多いんですが、DDTの選手寮はキッチンがあるので、自炊が好きな自分はこっちの方が良いんですよ。寮最高です!」
ジョーイ・ライアン
「長期滞在が多く、ホテルよりも私物が置いておける点が良いですね。戸建てのハウスは落ち着くから、僕は寮があって本当に助かってますよ!」

外国人プロレスラーの今後の住生活について

今は寮に住んでいる若手プロレスラーも将来的にはマイホーム購入という憧れがあるそうです。住生活マガジン「いえーる すみかる」では、外国籍や自由業でも借りられる住宅ローンのノウハウも今後ご紹介する予定です。ご期待ください。

ちなみに、いえーる すみかるを運営するiYell株式会社は、不動産会社の口コミサイト「いえーる コンシェル」も運営しています。外国人の方でも安心な英語対応可の不動産屋さんや、自営業の住宅ローン審査に強い不動産屋さんなど、人それぞれにあった住まい探しのパートナーを見つけられます。引っ越しを検討している方は必見です。

日本人選手の寮もあります

DDTでは日本人選手用の寮を完備しています。入門希望者も絶賛募集中ということでプロレスラーを目指している人は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

入門希望者募集中:DDTプロレスリング新人募集係

まとめ

プロレスを愛するファン皆様、普段はなかなか見ることのできないプロレスラーの隠れざる一面、楽しめたでしょうか。
DDTのみなさんはとても親切でサービス精神たっぷりでした。今回取材に快く応じてくださった「レッカ」「ワンチューロ」「マイク・ベイリー」「ジョーイ・ライアン」選手の試合スケジュールはDDTプロレスリング公式サイトでご確認ください。

取材協力:DDTプロレスリング

関連タグ

あなたにおすすめ記事

DDTプロレス外国人寮

プロレスファン必見!DDTプロレスリングのレトロで不...

  • 編集部日記

【2017年エイプリルフール】民間月面移住を支援する...

  • 編集部日記
DDTプロレスリング

【ご案内】DDTプロレスリングのスポンサーになりまし...

  • 編集部日記
不動産屋の信頼性

信頼性の低い不動産業界を変える「いえーる すみかる」...

  • 編集部日記
ページトップへ戻る
CLOSE