MENU

中古マンションのリフォーム・リノベーションの進め方。費用の目安も公開!

reform_chuko
中古マンションを買ってリフォーム・リノベーションする人が増えています。
なぜ新築マンションではなく、中古マンションを購入する人が増えているのでしょうか?

自分の希望を叶えられる中古マンションのリフォーム

中古マンションを買ってリフォームする最大のメリットは、自分の要望が満たされやすく、かつ金額を安く抑えることができる可能性があるという点です。
中古マンションを買うだけではクロスの色や水回りなど、前のオーナーのまま使わなければならず不満も出やすいのですが、リフォームすれば、納得いかない部分は改善することができます。

また、購入金額とリフォーム費用を合計しても新築より安くなることが多いため、安い金額で自分の希望を満たすことができます。

中古マンションでリフォームする時は設備サイズの確認をしっかり!

中古マンションをリフォームする際、計画時に確認しておかなければならないポイントは設備のサイズです。
キッチンやトイレ、バスタブなどは、スペースのサイズが決まっているので、取り替える場合は元のサイズを把握しておかなくてはなりません。
マンションの場合、一定の規格に合ったサイズが使われていることが多いので、サイズが見つからない!ということは少ないでしょう。

中古マンションを購入してリフォームするまでの流れ

実際に中古マンションを購入してリフォームする際、どのような流れになるのでしょうか。

中古マンションを見学して気に入った物件があれば、購入申し込みをして売買契約を交わし、住宅ローンの審査に通過した後、完全に自分の所有物となり、ここからリフォーム工事に着工できるようになります。
購入した後からリフォームの打ち合わせを始める場合もありますが、購入前にある程度の打ち合わせを済ませておくのが一般的です。
購入して物件が自分のものになるということは、そこから住宅ローンの支払いが発生するということです。
リフォーム期間が長くなってしまうと、これまで住んでいた部屋の家賃等と住宅ローンを二重で支払わなければならなくなるため、購入したらすぐに工事に着工できるようにするためです。

購入前までに必ず済ませる打ち合わせとしては、「どの範囲までリフォームをするか」です。
というのも、住宅ローンの中にリフォーム料金を含むことがあるため、ある程度の概算見積もりを銀行側に提出しなければならないのです。
水周りを変更するのか、フローリングやクロスを張り替えるのか、それらを決めてはじき出された概算金額を銀行に提出します。

リフォームの打ち合わせがすべて終わったら工事の開始です。
水周りとクロス、フローリングをリフォームするなら、最低でも2週間はかかります。
そこからハウスクリーニングなども行うので、1か月程度は最低見ておいたほうがよいでしょう。

全体リフォーム費用の目安は200万円〜300万円?!

リフォームをするとなった場合、どれくらいの金額がかかるのでしょうか。

・キッチンを変える場合:およそ50万円から100万円
・バスルームを変える場合:およそ50万円から100万円
・全ての部屋のクロスを変える場合:およそ10万円から30万円
・全ての部屋のフローリングを変える場合:およそ30万円から60万円

水周りやクロス、フローリングを全て変えた場合はおよそ200万円から300万円がかかるイメージでいいのではないでしょうか。
※あくまで目安です

その他、壁を壊して間取りを変える場合はマンションの構造によっても金額が大きく変わるので不動産会社やリフォーム会社ときちんと相談して決めましょう。

まとめ

中古マンションを購入してリフォームする際のメリットや、その手順についてについてご紹介してきました。
自分の思い通りの部屋に住みたいと思っている方は、今回ご紹介した情報を参考にリフォームの検討をしてみてください。

あなたにおすすめ記事

花瓶の花

手軽にできる花風水 花は運気アップの万能アイテム!

  • 編集部まとめ
オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
奄美大島DIYリフォーム

移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島へ...

  • 編集部まとめ
不動産会社の仲介手数料

そもそも不動産会社の「仲介」って、意味があるの?

  • 買う・借りる
ページトップへ戻る
CLOSE