MENU
奄美大島のびのび子育て

奄美大島のびのび子育て|南の島への移住日記vol.5

奄美大島のびのび子育て

北海道出身ながら、正反対の南の島「奄美大島」に移住された竹山 由加里さん。
ご自身の決断や体験をシリーズで語って頂きます。遠距離引っ越しや子育て、離島生活などのテーマを予定しております。お楽しみに!(いえーる すみかる編集部)

こんにちは!竹山 由加里です。私は神奈川県から鹿児島県奄美大島に2017年1月に移住してきた二人の子持ちの主婦です。
そんな私が離島暮らしや移住体験を綴る「南の島への移住日記」。今回が5回目の連載です。
私の子供は現在、今年6歳になる男の子と、今年3歳になる女の子、そしてそして奄美大島へ引っ越してきて先日生まれたばかりの男の子と、3人がおります。
今回は奄美大島へ移住してきて、私が感じた都会と地方の子育て環境の違いをお伝えしたいと思います。

vol.1はこちら:私が奄美大島に移住を決めたワケ|南の島への移住日記
vol.2はこちら:離島への引っ越し費用は高額!交渉次第で50万円以上お得に!?|南の島への移住日記
vol.3はこちら:奄美大島への移住支援と暮らしやすさをリポート|南の島への移住日記
vol.4はこちら:移住先の奄美大島でDIYリフォームしました|南の島への移住日記

奄美大島では親戚みんなで子育て

この「南の島への移住日記」をはじめた時はまさに臨月間近の妊婦なのでした。
「夫のお義母さんや兄弟、そして兄弟のお嫁さんや親戚の方々などが近くにいることがこんなにも心強いなんて!」ということに加えて、何より地域が子育てに優しいなと感じます!
育児をしている母としては、とてもありがたいことですね。

習い事の数や種類、休日のお出かけスポットなどは都会に比べると確実に少ないですし、子供の数も少ないとは思うので子育てサークルも選べないという現状はありますが、少しの工夫と何より子供は何でも楽しめるという根本的なところにたどり着くシンプルさを与えてくれます!

以前住んでいた神奈川県との違いを簡単にまとめてみました。

奄美大島は公園がたくさん

奄美大島でボール遊び
奄美大島には広々とした公園がたくさんあります。
神奈川県での幼稚園入園前に日々遊ぶところを探してお金を払って楽しい施設を利用したり、駐車場代などとにらめっこしたりしていた私としては、お手軽で楽しめるところが多くて嬉しかったです。

一時預かりシステムの充実

神奈川の一時預かりは奄美大島と比べると不便でした…。
年度の始めに説明会に行って登録と面接をして、お試し保育で2日間つきそうことが必要です。
私の経験で言うと、前月の20日までに翌月の預けたい日時を絞って電話受付開始時間に何度も何度もかけ直し、やっとかかったと思ったら、入れたい予定の日には予約を取れず…という日々でした。

どんな地域にもだいたいあると思いますが、奄美大島での私の近所には小学校の子供たちが学校から家へ帰った後に集まる場でもある子供文化センターのようなものがあります。
そこではなんと、簡単に事前にお話しておくだけで、1時間300円で預かってくれるのです。
年齢の制限などはありますが、前日に電話しても(頼めば当日でも!?)預けられるなんてとても助かる!!!

神奈川の一時預かりを経験している私としては衝撃でした…。
もちろん奄美大島にこのシステムを持った場所がたくさんあるわけではありませんが、居住地域各所に同じような施設が点在しているようです。
ちょっとした時に利用出来る本当に助かるシステムです。

保育園の入りやすさ

離島で子育て

待機児童の数と認可・無認可含め保育園自体の数も居住地域から見ると十分にあるように思います。

私は現在在宅で仕事をやることはまれにありますが、基本は専業主婦なので幼稚園に子供を入れています。
できれば外に出て働きたいという願望ももちろんありましたが、神奈川の時であれば全くの望み薄。
到底無理な世界でした。
一つの保育園に「待機児童60人待ち」、もちろん現在職についてる人や産休中の人の方が「点数」がよく、
一旦主婦になってしまうと保育園に入れるのはまず困難でしょうね。
特に私が住んでいた神奈川県は待機児童が多いことで有名でしたので、いろいろ考えると働かない方がいいという結論にしかなりませんでした。

一方で奄美大島では、その時期にもよりけりというのはありそうですが受け入れはスムーズです。
役所で医療証明書などを発行する際に、母が妊娠中(出産予定の2週間前ごろから)で上の子の年齢がその保育園の規定に達していれば、保育園に受け入れてもらえます。それも産後半年まで!
私が仮に利用するとすれば、お兄ちゃんは幼稚園、妹が保育園に行けるというわけです。一人目は幼稚園ですが、二人目だけ保育園でも第二子ということで収入割合の表から、その保育園での二人目扱いの金額で預かっていただけるということでした。
これは非常にありがたいことですね。
私の場合は夫の実家で子供の面倒を見てもらえましたが、もし夫の実家が近くなければ絶対に利用していたと思います。

子育てについての参考マンガ:松本えつをの子育てあるある

保育園での2歳児の受け入れ

奄美子育て

幼稚園で2歳児から入園が可能

2人目の子を保育園に入れなかったのは夫の実家が助けてくれるからということもありましたが、それ以外にも一つ理由がありました。2歳児でもお兄ちゃんと同じ幼稚園に入るということが可能だからです。
私が住んでいた神奈川のだいたいの幼稚園では2歳の入園前の年に「プレ保育」という母親同伴の慣らし保育のようなものを行っている幼稚園が多いかと思います。入りたいと思っている幼稚園の事前入園というか、体験しながらその輪に入っていくような…
そこではこれから入るであろうお友達と出会うことができたりお母さん同士のコミュニティーもできて楽しいですよね。
ただ、母親が同伴するか別室で見守ることが置く、半日なり預かってくれるところは少なかったと記憶しています。

今回奄美大島へ引っ越してきてお兄ちゃんを入れた幼稚園では、三年保育で年少・年中・年長の異なる歳の子たちが同じクラスで3年間過ごす縦割り保育を行っています。
そしてとても良いシステムがあり、4年保育という形で2歳児から完全に保育をしてくれます。兄弟がいれば同じクラスとなり、上の子が下の子を見てあげるという方針のもと実質お兄ちゃんと同じ時間2歳児も保育してくれるのです。

同じ地域にあるもう一つの幼稚園でも同じように2歳児の受け入れをしていましたが、2歳児だけのクラスを設けているようでした。園による方針の違いもあるようですね。
体育や英語など年齢による差が大きい時間に関しては学年が同じ横割り保育、1日の始まりやお昼ごはんなど年齢による授業運営への影響が少ない時間はクラスで動く縦割り保育と、年齢を分けたり混ぜたりすることを生かした保育スタイルのようです。

また神奈川では、だいたいは水曜が午前保育のところがほとんどでしたが、こちらは月〜金が普通保育で延長保育も可能なので、お仕事をしているお母さんにもとても優しいように感じます。

引っ越したばかりで幼稚園へ2人を入れる準備や妹の心の準備などもあるので4月からは入れられませんでしたが、夏以降に二人目の入園を検討しています。私も少しだけ赤ちゃんとの時間を過ごせますし、3歳差なので通常の幼稚園であれば、すれ違うはずのお兄ちゃんお姉ちゃんが一緒に登園できるのもありがたいですね!

神奈川の時は子供を預ける・保育先を選ぶなどには何かしら事前説明を聞きに行くだけでぐったりしたものですが、
ここ奄美大島ではそんなことが苦手な私に優しい手を差し伸べてくれる人たちが多すぎて戸惑ってしまうほどですね。

まとめ

私が住んでいた神奈川と奄美大島の子育て環境や幼稚園・保育園について体験を語りました。
移住を検討していて、お子様の子育て環境を悩んでいる方は、奄美大島を検討してみてはいかがでしょうか。

文:竹山 由加里

竹山 由加里(たけやま ゆかり)
北海道出身。アルペンスキーなどのスノースポーツに明け暮れる。その後、東京都で就職し営業職やWEBデザイナーとしての経験を積んでフリーランスとして独立。結婚・出産を経て、現在二児の母となり第三子妊娠中で生まれ故郷と真逆の南国、鹿児島県奄美大島での生活を2017年1月にスタート。
新天地 奄美大島での子育て&島での住生活をレポートします。

あなたにおすすめ記事

犬と猫の中央にスマイルマーク

ウチの子に必要なのはどんな保険? もしもに備える「正...

  • ライフスタイル
オモチャを持つ赤ちゃんを抱く女性

人気ベビーシッターが語る! 安心できるベビーシッター...

  • 編集部まとめ
アクティブシニア向けのウォーキングシューズ

履いて、歩いて健康寿命を伸ばす「LOCOXワイドステ...

  • ライフスタイル
ボーダーの服着た茶色い小型犬

マンションでペットを飼いたい人に知ってほしい!「ペッ...

  • ライフスタイル
ページトップへ戻る
CLOSE